EMC、「クラウドのストレージより安価」なエクサバイトクラスのストレージ機器「EMC Elastic Cloud Storage」発表。EMC World 2014

2014年5月7日

EMCはラスベガスで開催中の「EMC World 2014」で、クラウドスケールのストレージを簡単に実現できるアプライアンス「EMC Elastic Cloud Storage Appliance」(EMC ECSアプライアンス)を発表しました

fig

EMC ECSアプライアンスはコード名Project Nileと呼ばれていたもので、オブジェクトストレージ、HDFS、ブロックストレージに対応。エクサバイトクラスまで拡張でき、企業のデータセンターからデータセンター事業者まであらゆる環境に対応できるというもの。

内部は同社のSoftware-Defined Storageを実現する「ViPR」ソフトウェアとコモディティサーバ(x86サーバ)で構成されており、これによって安価かつ柔軟なストレージ機器を実現しています。

同社はViPRの新バージョンとなる「ViPR 2.0」も合わせて発表しており、このバージョンからコモディティサーバと内蔵ストレージ、いわゆるJBOD(Just Bunch of Disks)の構成に対応しました。

EMC ECSアプライアンスはオブジェクトストレージ、HDFS、ブロックストレージの容量や性能を柔軟に構成できます。

fig

Amazon S3やGoogle Cloud Storageより安いストレージ機器

EMC CEOのDavid Goulden氏が強調したのは、5ペタバイト以上のデータ保有にかかるコストについてAmazon S3やGoogle Cloud Storageと、EMC ECSアプラインスで4年分の総所有コスト(TCO)で比較した場合、EMC ECSアプライアンスの方が安いという点です。

fig

EMC ECSアプライアンスは「パブリッククラウド体験をより安く提供する」とGoulden氏は説明し、これを大規模データを扱う企業のデータセンターやクラウド事業者向けに提供していきたい考えを示しました。

EMC World 2014関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : EMC , クラウド , ストレージ



≫次の記事
変わるストレージの巨人EMC、戦略の中心にソフトウェア。ViPRによるSoftware-Defiend Storageを強化。EMC World 2014
≪前の記事
EMC、アンディ・ベクトルシャイム氏のフラッシュストレージ企業DSSDを買収。桁違いのIOPS実現へ。EMC World 2014

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus