「Cloud Foundry Foundation」設立、Pivotalからガバナンスが移行

2014年2月28日

オープンソースとして開発されているPaaS基盤ソフトウェアの「Cloud Foundry」は、当初VMwareが開発し、その後VMwareとEMCが合弁で設立したPivotalに開発が移管されました。そのPivotalは2月24日、EMC、IBM、HP、SAP、Rackspace、VMwareらと「Cloud Foundry Foundation」を設立し、Cloud Foundry開発のガバナンスを移管すると発表しました

Press Release - February 24th, 2014 | Pivotal

PivotalからCloud Foundryへの移管は今年の夏までに行われる予定です。

IBMやHPもCloud Foundryサポートを表明

この移管に際し、PivtalのCEOポール・マリッツ氏はブログで次のように書いています。

This foundation will be dedicated to the evolution of the Cloud Foundry community, the building of an open ecosystem and to accelerated adoption of multi-cloud enterprise PaaS.

このCloud Foundry FoundationはCloud Foundryコミュニティの革新に寄与し、オープンなエコシステムを構築し、マルチクラウド対応のエンタープライズPaaSの浸透を加速していきます。

Cloud FoundryはIBMがPaaS基盤として昨年7月に全面サポートを表明、ヒューレット・パッカードも自社のクラウドのPaaS基盤として採用、SAPも自社開発のインメモリデータベースであるHANAをCloud Foundry対応にするなど、エンタープライズ向けのPaaS基盤としての地位を固めつつあります。

ここでIBMやヒューレット・パッカード、SAPなどと引き続き協力しつつ開発を進めていくために、Pivotalが開発を管理するのではなく、共同で開発を進める体制へと移行することを選択した結果がCloud Foundry Foundation設立の背景なのでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  Cloud Foundry , EMC , PaaS , SAP , VMware


次の記事
[PR] クラウドのようにスケーラブルだが運用はおまかせ、PHPのパッチ適用やWordPressのバックアップも手間いらず。NTTスマートコネクトのマネージドサーバ

前の記事
連載マンガ Mr. Admin:管理職のITリテラシーの実体


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig