IBMがPaaS基盤としてCloud Foundryを全面サポート、Pivotalと共同で推進

2013年7月29日

IBMとPivotalは7月26日、Cloud Foundryのオープンソースプロジェクトの推進について協力していくことを発表しました

IBM IBMとPivotal、Cloud Foundryでオープン・クラウドを加速 - Japan

Cloud FoundryはもともとVMwareがオープンソースとして開発したPaaS基盤ソフトウェアで、IaaSに依存せずVMwareのvSphereやAmazonクラウドなど複数のクラウドに対応、Java、Pythonなど複数の言語やMySQLやPostgreSQLなど複数のミドルウェアをサポートします。

今年の4月にVMwareから、VMwareとEMCが共同で設立したPivotalに移管されました

IBMがCloud Foundryを全面的にサポート

IBMはIaaS基盤ソフトウェアとしてオープンソースのOpenStackを選択しました。IBMはこれで、かつてOSでLinuxを支持したときと同様に、クラウドでも基盤ソフトウェアについてオープンソース戦略を推進することをはっきりさせました。

そして今回のPivotalとの協力は、IBMがPaaS基盤ソフトウェアでもオープンソース戦略を採用したことを示しているようです。

プレスリリースで、IBMの次世代プラットフォーム担当ゼネラル・マネージャーであるダニエル・サバー(Daniel Sabbah)氏は次のように、Cloud Foundryを自社製品に組み込んでいくとコメントしています。

IBMはかつてLinuxやOpenStackなどの主要テクノロジーに実施してきたように、Cloud Foundryを独自のオープン・クラウド・インフラストラクチャーに組み込み、クラウド・アプリケーション開発のためのコラボレーティブなオープン・プラットフォームとして全面的にサポートしていく計画です。

IaaSを構築するためのソフトウェアは、商用非商用のいずれも複数の選択肢が登場しています。例えばVMwareのvCloud DirectorやCloudStack、OpenStackなどがよく知られているでしょう。

しかしPaaSを構築するためのソフトウェアとしては、現在のところCloud Foundryがほとんど唯一の選択肢といっていいでしょう(Red HatからOpenShiftが登場したばかりですが)。IBMがPaaS基盤ソフトウェアとしてCloud Foundryへの肩入れを明確にしたことで、はやくもPaaS型基盤ソフトウェアはCloud Foundryが突出した存在になっていくのかも知れません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Cloud Foundry , IBM , PaaS , Pivotal , オープンソース , クラウド



≫次の記事
jQuery Mobile 1.4アルファ版が公開。DOMの削減による性能向上とSVGアイコン採用など
≪前の記事
「技術的負債」とは何か。原典とその対応策を探る

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus