Cloud FoundryがPivotalへ移管。4月にはAmazonクラウドへのデプロイを簡単にしたTeam Editionを正式リリースへ

2013年3月8日

VMwareとEMCが共同で、Greenplum、Spring、Cloud Foundryなどのミドルウェアを扱う組織「Pivotal Initiative」を設立すると発表したのが昨年12月。責任者は元VMware CEOのポール・マリッツ氏。

Cloud Foundry is Open and Pivotal | CloudFoundry.com Blog

そして3月7日の昨日付けで、オープンソースのPaaS基盤ソフトウェアであるCloud FoundryがPivotalに移管したことがブログで発表されました

この発表を行ったブログの記事「Cloud Foundry is Open and Pivotal」では、外部開発者の協力を求めてCloud Foundryがオープンな開発を行っていることを改めて強調しています。

四半期ごとのロードマップも公開

Cloud Foundry Roadmap

オープンを示す動きの1つとして、Cloud Foundryは今年1月からロードマップの公開を始めています。

現時点でのロードマップでは4月にTeam Editionの正式リリースを予定。この時点で、外部からのリクエストを受けるRouter、Cloud Foundry全体を制御するCloud Controller、アプリケーションの実行基盤となるDEA、データベース系サービスを主に支えるServiceなど主要な内部コンポーネントがアップデートされるほか、管理のためのWebポータルも装備。

またCloud FoundryをAmazonクラウドへデプロイする方法も容易になる予定となっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Cloud Foundry , PaaS , クラウド



≫次の記事
HTML5をすぐハイブリッドアプリとして試せる無料のツール「Monaca」を使ってみた
≪前の記事
EMCがサーバサイドフラッシュの新製品投入、Fusion-ioとの競合強化へ。Violin Memoryもサーバサイドフラッシュ参入

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus