Chef 12がリリース。商用版とオープンソース版の一本化で25ノードまで無償に。Docker対応、VMware vSphere、Microsoft Azureにも対応

2014年9月10日

データセンターのインフラ自動化ツールであるChefの新バージョン「Chef 12」がリリースされました

Chef Releases Chef 12 to Power DevOps Practices in the Enterprise | Chef Blog

Chef 12ではこれまで分かれていた商用版とオープンソース版のコードが1本化され、商用版の機能も25ノードまでは無償で利用できるようになりました。

新機能として、VMware vSphereおよびvCloud Airに対応。vCloud Air用のknfifeプラグインも公開されています。また、WindowsのPowerShell DSCとMicrosoft Azureにも対応。Windowsテクノロジーを採用したITインフラの自動化も行えるようになっています。

コンテナ機能にも対応し、Docker用のKnifeプラグインも公開されています

これまで共有ストレージとDRBDに依存していたChef Serverの高可用機能も強化され、クラウド上での高可用性も実現。まずはAmazonクラウドの機能を用いた高可用性に対応し、今後ほかのクラウドの高可用機能やRedhat Cluster Mangerなどにも順次対応するとしています。

また複数のChef Server間でのレプリケーション機能としてChef Server Replicationも利用可能になりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Chef , DevOps



≫次の記事
日本IBM、国内向けにクラウドマーケットプレイスを開始。IaaS、PaaS、SaaSを1カ所から調達
≪前の記事
エンタープライズの開発における、プロダクトオーナーとしての組織(後編)。Developers Summit 2014 Summer

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus