Androidアプリの統合開発環境「Android Studio 1.0」リリース。SDK、エミュレータ、サンプルコードなどが無償で利用可能に

2014年12月10日

GoogleはAndroidアプリケーションの統合開発環境「Android Studio 1.0」を公開しました

fig

Android Studioには、IntelliJ IDEAをベースとした統合開発環境、Android SDK、Androidデバイスエミュレータなどが含まれており、Windows版、Mac OS X版、Linux版が用意されています。無償で利用可能です。

コードエディタは、コード補完、リファクタリング、コード解析などの機能を備えています。

fig

アプリケーションのデザインは、複数の画面サイズ、言語、APIバージョンなどについて同時にチェックできます。

fig

メモリの使用状況を時系列で確認できるため、メモリリークのチェックや性能改善などの参考にすることができます。

fig

そのほか、バックエンドサーバとしてGoogle Cloud Platformを簡単に利用できる「Cloud Tools for Android Studio」、Eclipseのプロジェクトをインポートする機能なども搭載されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ 開発ツール / 言語 / プログラミング
タグ  Android , Google , モバイル , 開発環境


次の記事
オープンソースのPaaSを実現する「Cloud Foundry Foundation」が設立。IBM、HP、SAP、Intel、VMwareらが中心。次期バージョンでDocker対応も表明

前の記事
x86サーバにコミットし、ソフトウェア分野の攻勢を強めるブロケードの新戦略


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig