Amazonクラウド、ディレクトリサービス「AWS Direcrory Service」開始。Sambaベース、Active Directory対応

2014年10月23日

Amazonクラウドは、クラウド上でディレクトリサービスを提供する「AWS Directory Service」の提供を開始したと発表しました

New AWS Directory Service

ディレクトリサービスはユーザーやコンピュータ、プリンタなど、ネットワークに接続するものをすべて管理するためのサービス。マイクロソフトのActive Direcoryなどがよく知られているディレクトリサービスの1つです。

多くの企業がオンプレミスのネットワーク上でActive Directoryのようなディレクトリサービスを稼働させていますが、クラウド上でも業務アプリケーションを稼働させるようになると、クラウド上にもディレクトリサービスが求められるようになり、またオンプレミスのディレクトリサービスとの連係の実現も求められるようになります。

今回発表されたAWS Directory Serviceは、そうしたニーズに応え、しかもマネージドサービスとして運用管理は全てクラウド側に任せられるというサービスです。

オープンソースのSambaをベースに構築されており、Windowsドメイン、シングルサインオン、グループポリシーなどActive Directoryの主な機能をカバーしています。

AWS Directory Serviceの2つの使い方

AWS Directory Serviceのおもな使い方は2種類に分かれます。1つは、クラウド上で単純にディレクトリサーバとして稼働させる使い方。これを「Simple AD」タイプと呼びます。クラウド上で稼働しているWindows Serverや仮想デスクトップサービスのAmazon Workspacesなどをこれでまとめて管理できるようになります。

もう1つは、すでにオンプレミスでActive Directoryを運用している場合、それと接続して連係させる使い方。これを「AD Connector」タイプと呼びます。その名称通り、AD ConnectorというツールでオンプレミスのActive DirectoryとクラウドのAWS Directory Serviceを自動的に同期させることができ、オンプレミスとクラウドを統合して管理できるようになり、またユーザーはオンプレミスと同じユーザーIDとパスワードでクラウド上に構築したサービスを使えるようになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : AWS



≫次の記事
[速報]IBMとマイクロソフトがクラウドで協業を発表。WebSphereやDB2がAzureで、.NETランタイムがBluemixで利用可能に。協業の意味を分析する
≪前の記事
マイクロソフトの最新データセンター事情。リージョンあたり16棟のデータセンターと60万台のサーバ

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig