国内クラウド基盤ソフトウェア市場の大きさ、2014年は140億円。VMwareがリード

2014年12月18日

調査会社のIDC Japanは、国内のクラウド基盤ソフトウェア市場規模の調査結果を発表しました

国内クラウドインフラストラクチャソフトウェア市場予測を発表

クラウド基盤ソフトウェア(同社の呼称はクラウドインフラストラクチャソフトウェア)とは、パブリッククラウドやプライベートクラウドを構築、管理するために必要なソフトウェアで、主に仮想化ソフトウェアとシステムソフトウェアで構成されます。

IDC Japanの調査結果によると、クラウド基盤ソフトウェア市場の規模は2013年が100億4000万円。2014年は39.9%成長の140億4900万円とのことです。国内クラウド基盤ソフトウェア市場の2013年から2018年までの5年間の年間平均成長率は34%、2018年には434億円規模になると同社は予想しています。

fig 国内クラウドインフラストラクチャソフトウェア市場 売上額予測: 2013年~2018年。IDC Japanの発表資料から

2013年時点での市場シェアトップはVMwareで35%以上。2位以下は僅差でIBM、富士通、マイクロソフト、HPが続くとのことです。

注目されているクラウド基盤ソフトウェアは、オープンソースで開発されているOpenStack。NECはすでにOpenStackを基盤としたクラウドサービスの提供を開始し、NTTコミュニケーションズ、IDCフロンティアなどのクラウドサービスプロバイダも採用しています。また、Red HatはHPなどからもOpenStackの商用ディストリビューションが提供され、エコシステムが急速に形成されているとIDC Japanは報告しています。

同社の調査によると、プライベートクラウドの構築をしている企業、予定している企業の14.7%が、オープンソースのクラウド基盤ソフトウェアを積極的に使うという方針で、またベンダーのサポートがあれば使う方針の企業が26.4%、もっと成熟してから使う方針の企業が16.9%とのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : IaaS , クラウド , 調査結果



≫次の記事
日本から初めて3人がHadoopコミッタに就任。NTTとNTTデータから。業務としてのコミッタは人事評価も有利になる?
≪前の記事
米「Dr. Dobb's」が2014年末で更新終了。減収が理由と

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus