Windows Azure上のHadoopサービス「HDInsight」が正式公開。Excelからも利用可能

2013年10月29日

3月からパブリックプレビューが続いていた、Windows AzureのクラウドでHadoopクラスタが利用可能なサービス「Windows Azure HD Insight」が正式公開されました

HDInsightは、Hadoopの有力なディストリビューションベンダの1つであるHortonworkの「HDP for Windows」をWindows Azureで展開したサービス。Hive、Pig、Sqoop、Oozieなどの機能も含まれています。

通常のMapReduceアプリケーションを利用してHDInsightを使うだけでなく、ExcelとHDInsightを接続して利用することも可能。「Hive ODBC Driver for HDInsight」を用いてODBCドライバ経由でSQLをHadoopに投げて分析データをExcelに読み込んだり、「Power Query for Excel」でHDInsightと接続し、データ分析を行うこともできます。

HDInsightはWindows Azureのコントロールパネルからメニューを選択すればすぐに利用可能。

fig

利用料金は計算ノードが1時間26.58円、ヘッドノードが1時間53.15円。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  Hadoop , Microsoft , Microsoft Azure


次の記事
OpenFlow 1.3対応のネットワーク仮想化ソフトウェア「OpenVNet」がオープンソースで公開。Wakame Software Foundation

前の記事
OpenStackの新プロジェクト「Solum」は、DevOps環境の構築を目指す

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig