JavaScriptだけでAmazonクラウドのストレージ、NoSQLデータベース、プッシュ通知、ソーシャルログインなどを実現する「AWS SDK for JavaScript in the Browser 」公開

2013年11月1日

クラウドを利用するためのサーバサイドの開発は必要なく、JavaScriptだけでクラウドストレージやNoSQLデータベース、モバイルへのプッシュ通知、ソーシャルログインなどを実現するライブラリ「AWS SDK for JavaScript in the Browser」がデベロッパープレビューとして公開されました。

AWS SDK for JavaScript in the Browser

すでにiOSやAndroidのネイティブアプリケーション開発用には「AWS SDK for Android」と「iOS 用 AWS SDK」が公開されていますが、この「AWS SDK for JavaScript in the Browser」によって、より手軽にブラウザベースのモバイルアプリケーション、デスクトップアプリケーションの開発が可能になります。

サーバサイドのコードは不要でクラウド対応

AWS SDK for JavaScript in the Browserの特徴は、サーバサイドのコードが不要なこと、そして下記のようにSDKを呼び出すことですぐにアプリケーションから利用可能になることです。

<script src="https://sdk.amazonaws.com/js/aws-sdk-2.0.0-rc1.min.js">
</script>

利用できる主な機能は次のようになります。

機能を見れば分かるとおり、開発者はサーバサイドのスケーラビリティをほとんど気にすることなくJavaScriptだけでWebアプリケーションを開発可能になっています。そのままモバイルにも応用できるため、Amazonクラウドは、JavaScriptに対応した強力なモバイルBaaS機能を提供し始めたと言えるのではないでしょうか。

Amazonクラウドはクラウド市場の先頭を走るベンダとして多くのデベロッパーとユーザーをそのエコシステムに集めてきましたが、今回のAWS SDK for JavaScript in the Browserの公開は、その加速度をさらに高めるものになりそうです。と同時に、基本的なBaaS機能をクラウドベンダが標準機能として提供し始めたことで、既存のBaaSベンダはより一層高度な機能などでの差別化が迫られる状況になってきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Amazon , BaaS , JavaScript , クラウド , モバイル



≫次の記事
「真の爆速は速すぎて見えない」 ヤフーにおけるリーンスタートアップの実践。IBM Innovate 2013
≪前の記事
Google Cloud SQL、クラウド外からも標準的なMySQLプロトコルでアクセス可能に

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus