Google、Android用のUIテスト自動化フレームワーク「Espresso」公開

2013年10月23日

アプリケーションの画面に対してボタンを押したり入力を行い、正しい結果や答えが返ってくるか? ユーザーインターフェイスを含むテストコードの開発は一般に手間がかかり面倒であり、テスト用のライブラリやフレームワークが欠かせません。

Googleは、Android用のUIテスト自動化のためのフレームワーク「Espresso」をテクノロジープレビューとして公開しました

Espresso - android-test-kit - a fun little Android UI test API - Testing Tools For Android - Google Project Hosting

EspressoはこれまでGoogle社内で、Google DriveやGoogle Maps、Google+など30種類のアプリケーションのテスト自動化に使われてきました。

特徴は、軽量でシンプルな記述をアプリケーションのコードに追加するだけでUIテストの自動化ができること。イベントの発火タイミングを合わせたり、UIが表示するのを待つといったテストのための面倒な記述は不要。画面上にコンポーネントが表示されたかどうか、それに対してクリックやダブルクリック、文字列入力といった操作を行い、結果として正しいコンポーネントや値が表示されたかどうかをチェックする、といった記述が行えます。

シンプルなAPIでUIテストの自動化

EspressoのWebサイトにあるサンプルコードを見てみましょう。2行目から3行目は、「name_field」が表示されたら(onView)「Steve」と入力(perform)。4行目で「greet_button」が表示されたら(onView)クリックを行います(perform)。5行目と6行目では「Hello Steve!」と表示されたかどうかをチェックしています(check)。

public void testSayHello() {
  onView(withId(R.id.name_field))
    .perform(typeText("Steve"));
  onView(withId(R.id.greet_button))
    .perform(click());
  onView(withText("Hello Steve!"))
    .check(matches(isDisplayed()));
}

シンプルなAPIでテストコードが記述でき、高速に実行できます。以下はEspressoのデモ動画です。約10分。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ 開発ツール / 言語 / プログラミング
タグ  Android , Google , ソフトウェアテスト , モバイル


次の記事
Excelのテーブルを修飾ごとHTMLへ。数式も保持して表計算も可能なHTML/JavaScriptを生成する「Excel to HTML」。アドバンスソフトウェア

前の記事
オンプレミスでもデータベースは「サービス化」へ向かう。オラクル、DBaaS戦略へ


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig