Excelのテーブルを修飾ごとHTMLへ。数式も保持して表計算も可能なHTML/JavaScriptを生成する「Excel to HTML」。アドバンスソフトウェア

2013年10月23日

Webアプリケーションにおいて、ユーザーの入力に対して簡単な計算や変換をした結果をWebページ上に表示したい、というニーズはよくあることでしょう。例えば業務用のWebアプリケーションなら、いくつかの金額を入力すると合計を表示するといった動作は非常に一般的です。

アドバンスソフトウェアが発表した「Excel to HTML」は、こうしたWebページをExcelから簡単に生成できるWindowsアプリケーションです。計算式を含むExcelのテーブルをHTMLとJavaScriptに変換、Webページに簡単に埋め込むことができます。入力するセル間の移動はExcelと同様にタブキーで行えます。

fig Excelのテーブルを変換してHTMLに埋め込める「Excel to HTML」の「ExcelWeb Tool」機能

Excelテーブルで設定された表示形式やセル保護の有無、入力規則、フォントサイズや文字飾り、色、罫線、背景色などの属性もHTMLとJavaScriptに変換されるため、簡単に豊富な機能のWebページ作成が可能(ただし、すべての式や修飾に対応しているわけではありません)。

実際にアドバンスソフトウェアのWebサイトで、ExcelのテーブルをHTML/JavaScriptに変換したページが公開されているので、Webブラウザで実際に表示と動作を試すことができます

Excelを静的にHTML/JavaScriptに変換するだけでなく、「Excel to HTMLサーバーコントロール」によってサーバ上でダイナミックに変換することも可能。Webページに入力された値を取得してExcelファイルに書き戻すことも可能ですので、Excelをベースとした簡易な業務システムをWebブラウザへ展開することもできるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Excel , HTML5 , JavaScript



≫次の記事
Windows Serverの重要なデータをクラウドへ自動バックアップ。Windows Azure Backupが正式公開。5GBまでは月額無料
≪前の記事
Google、Android用のUIテスト自動化フレームワーク「Espresso」公開

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus