シスコがvCiderを買収したのは、VMwareがNiciraを買収したことが背景?

2012年10月16日

ネットワーク機器最大手のシスコシステムズは10月4日、vCiderの買収を発表しました

Cisco Blog » Blog Archive » Cisco Acquires vCider

vCiderはどんな企業なのでしょうか? シスコの発表によると、vCiderは、オーバーレイによる仮想ネットワークを実現する技術を持っていたとのこと。

vCider has expertise in the development of virtual network overlay technology for secure data center infrastructure.

vCiderは仮想ネットワークオーバーレイ技術でセキュアなデータセンターインフラを実現する専門性を持っている。

このvCiderの技術は、GigaOmの記事「Cisco buys vCider to boost its distributed cloud vision」によるとVXLANに似た技術だそうです。

vCider’s technology works in much the same way as VXLAN,

VCiderの技術はVXLANと同じような働きをする。

これによってシスコはネットワーク仮想化を強化したといえます。

VMwareのNicira買収が背景にあるか

VXLANとは、VMwareとシスコなどが共同で推進してきたオーバーレイ技術によるネットワーク仮想化の規格です。

しかしVMwareは、オーバーレイ技術による仮想化ネットワークを実現するために、VXLANとは異なる技術であるOpenFlowを推進するNiciraを7月に買収しました。これはシスコにとって、VMwareが独自の仮想ネットワーク化戦略をとり、シスコとのパートナーシップに距離を置き始めたと映るはずです。

今回シスコがVMwareと一緒に推進してきたVXLANではない(と推測される)技術を持つvCierの買収に踏み出したことは、ネットワーク仮想化を強化する目的だけでなく、このVMwareとのパートナーシップの変化が理由の1つにあったのではないかと考えられます。

と同時に、両社から少しずつ距離が置かれているように見えるVXLAN技術は今後どうなるのでしょうか。両社ともすでにVXLANを製品に組み込んでいるため、急な変化があるとは思えませんが、今後のネットワーク仮想化技術の中でVXLANの将来性が揺らいできているようにも見えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Cisco , Software-Defined Network , VMware , ネットワーク , ネットワーク仮想化



≫次の記事
ストレージ分野で起きている7つのテクノロジーシフト。フラッシュストレージ/汎用サーバ化/スケールアウトなど
≪前の記事
JavaScriptエディタ「Scripted」をVMware/SpringSourceがオープンソースで公開

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus