モバイル専用クラウドの「Parse」、サーバサイドJavaScriptを実現。BaaSが大きく前進

2012年9月13日

モバイルアプリケーションのためのバックエンドサービスに特化したクラウド、BaaS(Backend as a Service)として知られる「Parse」が、Cloud Codeという機能でサーバサイドスクリプトのサポートを開始しました。JavaScriptでサーバ側の機能を作り込むことができます。

Cloud Code | Run custom app code in the Parse Cloud

これまでParseに代表されるBaaSでは一般に、データストア機能、プッシュ通信機能、ユーザー管理機能、ソーシャルとの連係、ロケーションとの連係など、あらかじめAPI経由で呼び出すことができる機能は決まっていました。

ParseのCloud Codeは、任意のロジックをBaaSに組み込むことを実現します。

サーバ側で演算、入力値のチェックなど

例えば、いままでは演算処理などのロジックはモバイルデバイス側のアプリケーションで記述しなければならなかったため、レストランガイドのアプリケーションで星の数を表示するのに、そのレストランの全データをクライアントで取得して、平均値を計算する必要がありました。

しかしサーバ側でロジックが組めるようになれば、こうした平均の計算などをサーバ側で済ませることができるわけです。

もちろん、入力値をサーバ側でチェックするといった機能も実現できます。

Parseがサーバサイドスクリプトをサポートしたことで、利用価値は劇的に高まったといえます。特に、多くのモバイルアプリケーションプログラマにとって親しみのあるJavaScriptを記述言語に選んだことで、これまでサーバサイドのプログラミング経験がなかったデベロッパーもチャレンジが容易になるはずです。

今後BaaS全体がこのように進化していくとすれば、ゼロからモバイルアプリケーションのサーバサイド開発をすることはほとんどなくなっていくのかもしれません。

Parseの簡単なチュートリアル。約6分です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : BaaS , JavaScript , Parse , モバイル



≫次の記事
ザッカーバーグ氏の「HTML5に賭けたのは失敗」発言には続きがある。長期的にはHTML5への期待も語る
≪前の記事
あなたの現場を「アジャイル」に変えたいとき、たどる道筋は2つある

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus