いろんなJavaScript MVCフレームワークで作られた同一のToDoアプリで違いを学ぶ「TodoMVC」

2012年7月11日

JavaScriptでMVCの構造を持つアプリケーションを開発するためのフレームワークが10種類以上登場し、この分野が盛り上がっていることは、以前の記事「JavaScript MVCフレームワークはすでに十種類以上、その比較や最新情報などのまとめ」で紹介しました。

TodoMVC

その各種JavaScript MVCフレームワークの違いを学ぼうというのが、Webサイト「TodoMVC」です。

ToDoMVCでは、AngularJSやBackbone.js、Ember.js、Spine.jsなど主要なMVCフレームワークを用いて開発したToDoアプリをまとめて公開しています。

開発されたToDoアプリはほぼ同一の外観や機能を備えています。これにより、それぞれのソースコードを見ることによって、各MVCフレームワークがどのようなコーディングスタイルを用いているのか、どのような機能を提供しているのか、といった違いを容易知ることができる、というのが、このWebサイトの目的です。

ソースコードをダウンロード

そのToDoアプリの画面が以下。「What needs to be done?」のところにToDoを入れてエンターキーを押すと、その内容がToDoリストに加わります。左のチェックをクリックすると完了(Complete)となり横線が引かれますし、右側の×をクリックすれば項目の削除が可能です。

fig

ToDoMVCでは、このToDoアプリのソースコードを公開。ユーザーがダウンロードし、ローカルで動かして動作を確認し、ソースコードを読むことで各MVCフレームワークについて知ってほしいとのこと。

ちなみにMVCフレームワーク以外にも、jQuery、Dojo、YUILibrary、Closure、Ext.jsなどのさまざまなフレームワークやライブラリを用いた例も含まれているようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : JavaScript , MVC



≫次の記事
PR:夏のデブサミ、テーマは「ソーシャルエンタープライズ」。なぜこのテーマなのか?
≪前の記事
Amazonクラウドを襲った嵐が、EC2、EBS、ELB、RDSの障害に発展した理由(後編)

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus