IBMの新メインフレーム、商用初のトランザクショナルメモリ搭載でJavaを超高速実行。JavaOne 2012

2012年10月10日

IBMのメインフレームにはJavaを高速に実行する仕組みが組み込まれている。JavaOne基調講演に続いて行われたIBMの講演では、そんな興味深い技術が紹介されました。

fig

このメインフレームは8月末に発表されたばかりの新型で、1筐体で最大10万もの仮想サーバを実行可能という怪物のような性能のマシン。これひとつでその辺のデータセンター並の性能を持つといっても過言ではなさそうです。

しかも、商用マシンとしては初のハードウェアによるトランザクションメモリを搭載。ランタイム・インストゥルメンテーションなど多くの機能によってJava実行の高速化を実現したとのこと。業務用アプリケーションを実行するメインフレームにとって、Java性能が重要であることを示しているようです。

IBMの講演の一部を紹介しましょう。

4年前から取り組む

IBM Distinguished Engineer、Java CTOのJohn Duimovich氏。

System z。こいつはメインフレームだぜ、すごいぜフォー!(注:本当にフォーって言った)

fig

これは本当にクールはハードウェアで、私はハードウェアチームとJavaVMチームを持っているが、この2つのチームを合わせてハードウェアの機能のロードマップに4年前から取り組んでいた。

fig

その中の2つの新しいクールな新機能を紹介しよう。

トランザクショナルメモリでロックフリー

1つは「ハードウェアトランザクショナルメモリ」。これはメモリレベルでオプティミスティックなコンカレンシーを実現する。(データをメモリに)ライト、ライト、ライト、そしてコミットできる。もしもいずれかが上書きされれば(Overdose)それを検知し、リカバリーする。

ロックを取り除いたことで、スケーラビリティが2倍になる。Javaを同時実行したときに高速に実行できるようになる。

JITによる最適化をアグレッシブに

もう1つは、JIT性能の鍵を握るものだ。JITの働きはご存じのように、コードをオンザフライで生成したり、命令を追加したりする。もしそれがうまくいっていなければ、再最適化を行いコードを置き換える。

この新機能では、超高速かつライトウェイトでこの実行形式化(Rutime Instrumentation)を行っていく。つまり、JIT上のJREはよりアグレッシブに最適化されていく。これはまさにJavaのためにある機能である。Cではこうしたことは起きないからだ。

System zは、コストをかけずにJavaを圧倒的に高速に実行できるのだ。

JavaOne 2012

Oracle OpenWorld 2012

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : IBM , Java , サーバ



≫次の記事
重要性を増すクラウドの「マルチテナンシー」
≪前の記事
Java EE 7でWebSockets対応、JPAでNoSQLの標準化にも取り組む。JavaOne 2012基調講演(後編)

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig