Java EE 7でWebSockets対応、JPAでNoSQLの標準化にも取り組む。JavaOne 2012基調講演(後編)

2012年10月9日

JavaOne 2012基調講演の後半では、Java EE 7の進捗が紹介されました。Java EE 7の最大の目玉はクラウド対応でしたが、まだ時期尚早として見送りが先月決定されたばかり

あらためて仕切り直しをしたJava EE 7を含むJava EEに関する基調講演の模様を紹介しましょう。

(本記事は「JavaでJavaScriptを実装するNashorn、OpenJDKで公開。JavaOne 2012基調講演(前編) 」の続きです)

Java EE 7は2013年4月リリース予定

Java EEの方針や方向性。エンタープライズアプリケーションのためのシンプルな開発を実現し、高い生産性やポータビリティを実現することだ。

fig

2013年にはJava EE 7がリリースされる。HTML5対応としてWebSocketsや、よりよくなったJsonサポートなどが含まれている。

Glass Fish 4がダウンロード可能になり、これらはそこに含まれている。

fig

一方で昨年、PaaSサポートをJava EE 7で行うという話をしたが、まだスタンダードにするのは早いと考え、Java EE 9でサポートすることにした。この決断に対してはポジティブなフィードバックをいただき感謝している。

まだ時期は未定だが、NoSQLも検討が進んでいる。

NoSQLはオンラインサービスなどで非常に人気だが、まだ標準化されていない。そこでEclipseLinkをサポートしJPAで標準化していきたい。すでにMongoDB、Oracle NoSQLなどがサポートされ、Cassandraのサポートも予定している。

fig

Java EE 7は過去最大のリリースとなり、2013年4月に予定している。

fig

Java EE 7の次は? しかしこれはあなたたちのプラットフォームなのだ、ぜひ参加してほしい。

Java EE 8は、実装密度を上げるためのマルチテナンシーやPaaSサポートなど多くを予定している。

fig

JavaOne 2012

Oracle OpenWorld 2012

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本