HTTPの新ステータスコード「451 Unavailable for Legal Reasons」を、グーグルのTim Bray氏がIETFに提案

2012年6月13日

WebブラウザとWebサーバのあいだでやりとりされる通信プロトコルのHTTPには、リクエストに対するレスポンスを表すためのさまざまなステータスコードがあります。例えば、「200 OK」「404 Not Found」などはその代表的な例です。

draft-tbray-http-legally-restricted-status-00 - A New HTTP Status Code for Legally-restricted Resources

ここに新しいステータスを追加しようという提案がIETFに対して行われました。提案したのはXML仕様の策定に関わった主要な人物であり、現在グーグルでAndroidのデベロッパーアドボケイトをしているTim Bray氏。

提案されたステータスコードは「451 Unavailable for Legal Reasons」(451 法的な理由によって利用不可)です。

ISPとサーチエンジンに影響するようだ

提案では、ステータスコードと共に説明を加えるべきだとされており、その例が示されています。

Responses using this status code SHOULD include an explanation, in the response body, of the details of the legal restriction; which legal authority is imposing it, and what class of resources it applies to. For example:

HTTP/1.1 451 Unavailable For Legal Reasons
Content-Type: text/html

<html>
<head>
<title>Unavailable For Legal Reasons</title>
</head>
<body>
<h1>Unavailable For Legal Reasons</h1>
<p>This request may not be serviced in the Roman Province of
Judea due to Lex3515, the Legem Ne Subversionem Act of AUC755,
which disallows access to resources hosted on servers deemed
to be operated by the Judean Liberation Front.</p>
</body>
</html>

このステータスの実装はオプションであると提案されていると同時に、もっとも影響するのはISPとサーチエンジンだろうとされています。

The restrictions typically most directly affect the operations of ISPs and search engines.

おそらく著作権侵害のコンテンツの配信などに関わって使われることを想定しているのではないでしょうか。まだ提案段階であるため、議論はこれからです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : HTTP , Web標準



≫次の記事
PR: Oracle/MySQLをクラウドサービスとして提供するIIJ。持たざるプライベートクラウドを加速
≪前の記事
海外でなぜアジャイル開発が普及しているのか? IPAが分析と提言

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus