DevOpsとはどんなもので、何が議論されているのか(前編)

2012年2月27日

開発と運用の対立を越え、ビジネスのために協力し合う。「DevOps」ムーブメントをテーマにしたイベントが2月24日に都内で行われました

IT業界がパッケージソフトウェアからオンラインサービスへと転換しつつある中で、優れたサービスを迅速に実現する重要なキーワードとしてDevOpsは注目されはじめています。

この記事では、日本でDevOpsの普及に努めている森川裕和氏(@nxhack)の講演をダイジェストで紹介しましょう。

眠れない管理者の悩みは世界共通

fig

会場で、自分が運用の人は?(3割くらい)。では開発の人は?(8割くらい)。ではビジネスマンの人は?(2~3人)でも、これは全員のはずですよね。

これが今日のプレゼンの原点になります。

私はWebの運用やネットワークのBGPの運用までやっていたことがある、いわゆる「眠れないシステム管理者」でした。で、システムがスケールしないよね、とか、やっぱりすごく悩んでいました。

それが2009年頃にDevOpsムーブメントがあるのを知って、これが自分の悩みとすごく一致していて、「ああ、そうなんだ」と。世界中で同じ悩みを持つ仲間がいるんだと。これから「DevOps!」と叫ばなければいかんな、と思ったわけです。

fig

今日のプレゼンは、DevOpsムーブメントとはどんなもので、何が議論されているのか、といったことをオーバービューしたいと思います。

リーンスタートアップ、ベロシティ、アジャイル

2011年にマウンテンビューで行われた「DevOps Days Mountain View 2011」でJohn Willisさんが行った「DevOps State of the Union」(DevOpsのわれわれの現状)では、こんな説明をしています。

DevOpsには3つのスレッド、「リーンスタートアップ」「ベロシティ」「アジャイル」があると。

fig

リーンスタートアップの流れは、Steve Blank氏の書籍「アントレプレナーの教科書」や、Eric Ries氏の「The Lean Startup」にあって、スタートアップのビジネスの立ち上げ方、やり方がすごくロジカルに書いてあります。

2008年には「Velocity」というイベントが始まりました。これはグーグルやFacebookのようにすごく大規模なWebサービスが、スケールしないとかスピードがでないといった課題を抱えていて、ではそういう大規模Webサービスをやっていて困った課題をみんなでシェアしましょう、というイベントでした。

2009年のVelocityで、FlickrのJohn Allspaw氏とPau Hammond氏のプレゼン「10+ Deploys Per Day: Dev and Ops Cooperation at Flickr」が衝撃的でした。

fig

DevとOpsは仲良くしなければいけないという、これはインパクトがありました。

アジャイル開発は、2001年にアジャイル開発宣言が行われていて、わりと議論が進んでいます。アジャイルでは、Continuous Integration、Continuous Deliveryなどの継続的ホゲホゲがすでにありますが、継続的Developmentと継続的Integrationまではデベロッパー(Dev)だけでよかったんだけど、継続的Deployment、継続的Deliveryの議論になるとオペレータ(Ops)が絡み始める。

fig

で、Patrick Deboisという人が、Velocityでの講演に衝撃を受けてヨーロッパで初めて「DevOps」という名前を付けたイベントを2009年に行いました。彼がDevOpsの名付け親と言われています。

fig

日本でも昨年2011年に「DevOpsカンファレンス」が行われました。

アジリティが時間的差異を生み出す

リーンスタートアップ、ベロシティ、アジャイルの3つに共通しているのはアジリティです。

価値は差異から生まれますが、アジリティというのは時間的差異を生み出す手段で、いまは経済的にも不安定な時代だからこそ、この差異を生み出すアジリティが重視されると。

Webアプリケーション、webサービスはソフトウェアのみでは成り立ちません。インフラと一体化サービスです。アプリがインフラで、インフラがアプリなんですね。

そこで問題になるのがオペレーション。オライリーが「オペレーションはニューシークレットソース(新しい秘密の隠し味)」と言っています。

fig

ここで開発とインフラの役割はどうなっているのか。

デベロッパーは機能や性能の改良と発展を担当しています。オペレータはサービスとスタビリティを担当しています。

デベロッパーが「新しい機能をリリースするよ」というときに、オペレータが「だめだめ、まず仕様を出さんかい」と。オペレータは安定性を求めるので、何かを変えるときに障害が起きやすい。

fig

そして夜中に障害が発生してオペレータが対応し、デベロッパーに情報を求めているときに、デベロッパーが寝ていたりします。

fig

で、いつの間にか両者に壁ができて、上長を経由して仕事が流れるとか、チケット制になったりする。デベロッパーからオペレータを見ると「スピード感なさ過ぎ」。オペレータからデベロッパーを見ると「サービスが分かってない」となる。

これは大企業や中堅企業だけではなく、スタートアップ企業でも同じ。

でも、開発が守りに入ったら成長しない、サービスが安定しなければビジネスが成り立たない。開発と運用は、どちらもビジネスという同じゴールを目指しているはずですよね。

fig

アジリティを持って同じゴールを目指す必要があるわけです。

次の記事「DevOpsとはどんなもので、何が議論されているのか(後編)」に続きます。

関連記事

このイベントの案内ページで、参加者にDevOpsの解説記事として案内されていたのはPublickeyの次の記事でした。あわせてどうぞ。

講演で言及された書籍

アントレプレナーの教科書 アントレプレナーの教科書
シリコンバレーで8社のハイテクベンチャーに従事し、いくつものベンチャーを自身で成功に導いたシリアルアントレプレナーによるベンチャー立ち上げ方法論の集大成。スタートアップがキャズムに到達するための実践的手法、新規事業立ち上げのHow toをステップバイステップで詳細に解説。
The Lean Startup The Lean Startup
The Lean Startup offers entrepreneurs - in companies of all sizes - a way to test their vision continuously, to adapt and adjust before it’s too late. Ries provides a scientific approach to creating and managing successful startups in a age when companies need to innovate more than ever.

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

タグ : DevOps , アジャイル開発 , システム開発

≫次の記事
DevOpsとはどんなもので、何が議論されているのか(後編)
≪前の記事
アドビがFlashのロードマップを発表。Flashネクスト、ActionScriptネクストも開発中

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


新サイト「Publickey Topics」始めました!


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed





アクセスランキング - 過去7日間

  1. 米Yahoo!がYUI新規開発中止を発表。その背景となったJavaScriptの現状解説
  2. VMware、Dockerのような独自の新技術「Project Fargo」発表。1秒以下で仮想マシン起動を実現。VMworld 2014
  3. [速報]VMwareがDockerと協業発表。エンタープライズにおけるコンテナ環境の実現へ。Kubernetesにも参加を表明。VMworld 2014
  4. 「Amazon Zocalo」正式サービス開始、企業向けDropbox的なファイル共有サービス。本家Dropboxも同日にビジネス向けを1人1テラバイトへ拡張
  5. [速報]VMware、仮想化ソフトとx86サーバを統合した「VMware EVO」発表。共有ストレージを用いない構成を提供。VMworld 2014
  6. [速報]VMwareによるOpenStack「VMware Integrated OpenStack」登場。VMworld 2014
  7. 積水化学工業、オープンソースと内製化、2万人のメールをクラウドへ移行でエンジニアのモチベーションが大いに上がった AWS Summit Tokyo 2014
  8. ネットワーク仮想化を実現するVXLANがIETFのRFC7348として公開
  9. 米SoftLayer、ベアメタルサーバを時間課金で申し込みから30分以内に提供すると発表
  10. 今からでも間に合うDockerの基礎。コンテナとは何か、Dockerfileとは何か。Docker Meetup Tokyo #2
  11. ソニー銀行は金融機関としてAmazonクラウドをどう評価し導入したのか? AWS Summit Tokyo 2014
  12. ITまんが 2014年版 ~ ITが楽しく分かるマンガを集めてみました
  13. PR: Amazonクラウドの運用管理を自動化。週末のインスタンス自動停止、ストレージの定期スナップショット、障害時の待機システム自動起動など、すべて「Cloud Automator」で解決
  14. IT系企業の平均給与を業種別にみてみた 2014年版 ~ ネットベンチャー、ソーシャル、ゲーム編
  15. 米ガートナー、2014年版ハイプサイクルを発表。IoT、3Dプリントなどが期待のピーク、ビッグデータ、インメモリDBは幻滅期へ

Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus