AmazonクラウドがPythonをサポート開始。Elastic Beanstalkで

2012年8月21日

Amazonクラウドは、AWS Elastic BeanstalkでPythonのサポートを開始することを明らかにしました

Amazon Web Services Blog: Announcing AWS Elastic Beanstalk support for Python, and seamless database integration

Elastic Beanstalkは、Amazonクラウド上でJavaやPHPなどのアプリケーション実行環境を提供するツール。これまでJava、PHP、.NETをサポートしてきており、今回そこにPythonが加わることになりました。

Pythonは米国で非常に人気のある言語で、シンプルで学びやすいのが特徴。最近人気のあるオンラインサービスのPinterestやInstagramはPythonを使って開発したとされています。

PaaSレイヤも着々と充実へ

Elastic Beanstalkは無料で利用できるサービスで、必要な費用は使用したAmazon EC2などのインフラ利用料のみ。アプリケーションの実行環境を簡単に提供してくれるだけでなくオートスケーリング機能などの運用環境まで提供してくれます。

また、バックエンドのデータベースにはAmazon RDSでMySQL、Oracle、SQL Serverなどを選択することができます。

Amazonクラウドはインフラを提供するIaaSとして出発していますが、着々とアプリケーションの開発、実行、運用環境のPaaSレイヤに対しても充実度を増してきています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  AWS , PaaS , Python


次の記事
「DevOps」は技術ではなくムーブメント。開発と運用の信頼関係が不可欠

前の記事
PR:ニフティが放つ新サービス「ニフティクラウド C4SA」。簡単なのか? 速いのか? ローンチイベントで飛び出す本音


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig