AmazonクラウドがPaaS機能で.NETとSQL Serverを標準サポート。Windows Serverアプリがそのままクラウドへ展開可能に

2012年5月9日

Amazon Web Servicesは、Amazonクラウド上でPaaSの機能を提供する「AWS Elastic Beanstalk」で.NET環境をサポートし、データベースの自動フェイルオーバーや自動バックアップなど可用性を提供するサービスのAmazon RDSでSQL Severのサポートを開始したと発表しました

【AWS発表】 Amazon RDS for SQL ServerとAWS Elastic Beanstalkによる.NETサポートの発表 - Amazon Web Services ブログ

開発者はSQL Serverを利用した.NETアプリケーションをそのままAmazonクラウド上に展開し、Beanstalkによるアプリケーションのデプロイ、オートスケール、ロードバランスの機能を利用でき、Amazon RDSでSQL Serverの自動フェイルオーバー、自動パッチ、自動バックアップ機能などを利用することができるようになります。

Beanstalkで提供される.NET環境は、Windows Server 2008 R2とIIS 7.5。そしてAmazon RDSで提供されるSQL ServerのバージョンはSQL Server 2008 R2のExpress、Web、Standard、Enterpriseの4つ。今年度中にSQL Server 2012をサポート予定とのことです。

これまで.NETアプリケーションをクラウドに展開するには、マイクロソフトのWindows Azureが最有力の選択肢でした。しかしWindows Azureに適したアプリケーションにするためには、Windows Server用に開発したアプリケーションを書き換える必要がありました。

今回Amazonクラウドが提供する環境では、Windows ServerとSQL Serverを複数並べてクラウド側でロードバランス、オートスケール、フェイルオーバーなどの仕組みを自動で提供してくれるため、既存のWindows Serverアプリケーションほぼそのままでクラウドのメリットを享受できることになります。これがAmazonクラウドの標準機能として提供されるようになったことで、従来のWindows Serverアプリケーションをクラウド展開するケースにおいて、Amazonクラウドは非常に魅力的な選択肢になるでしょう。

BeanstalkはすでにJava、PHPに対応しており、RDSはMySQL、Oracleに対応しています。.NETとSQL Serverはそこに新たに加わります。

Visual Studioからそのままデプロイ

Amazonクラウドは今回の発表と同時に、Visual Studioからアプリケーションを直接Amazonクラウドへデプロイできるツール「AWS Toolkit for Visual Studio」の提供も開始しました。

AWSのブログの説明によると、これを用いることで、Visual Studio上でプロジェクトを右クリックし、ウィザードに答えるだけでAmazonクラウドが用意したBeanstalkの.NET環境へアプリケーションがデプロイできます。同様にVisual StudioからAmazon RDSのインスタンスの作成、スキーマとデータのエクスポートも可能とのこと。

今回の発表によりAmazonクラウドが.NET環境を充実させてきた一方で、Windows Azureも夏までにはいくつか大きな発表があると予想しています。Windowsの本家として今回の発表を吹き飛ばすような大きな機能強化を期待したいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : AWS , Microsoft Azure , SQL Server , Windows



≫次の記事
インメモリデータベースはエンタープライズの主流になるか? オラクルに聞いた
≪前の記事
ソースコードの脆弱性をチェックするツール、IPAが無償公開。C言語に対応

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig