OpenStackが、DaaS(Database as a Service)を実現する「Project RedDwarf」を立ち上げ

2011年4月27日

オープンソースのクラウド基盤「OpenStack」は、クラウド事業者のRackspace Hostingや、NASA(アメリカ航空宇宙局)が中心となり、シトリックス、デル、インテル、NTTデータなど多くの企業が参加して開発が行われています。

Announcing Project RedDwarf – Database as a Service — The OpenStack Blog

そのOpenStackで、クラウド上でスケーラブルなデータベースサービスの提供を目指すDatabase as a Service(DaaS)の開発プロジェクト「Project RedDwarf」が新たに立ち上がりました。

ベースはMySQLを利用

DaaSのベースとなるデータベースはMySQLを採用するとのことで、Project RedDwarfの当初の計画は、以下のように説明されています。

Initially, our plan is for the service to focus on providing resource isolation at high performance while automating complex administrative tasks including deployment, configuration, patching, backups, restores, and monitoring.

当初、私たちのこのサービスに対するプランは、高性能で、複雑な管理操作の自動化、例えばデプロイ、コンフィグレーション、パッチ、バックアップ、リストア、モニタリングといったものにフォーカスします。

最初のリリースで予定されている主な機能は次のようになる見通しです。

この段階ではスケーラブルなサービスというより、クラウド上でMySQLの運用の自動化を目指すという感じですが、データベースはクラウド上でアプリケーションを構築する際には不可欠なコンポーネントですから今後の発展に期待したいですね。

ちょうど今日から米サンタクララで「OpenStack Conference and Design Summit」が開催されるところです。このProject RedDwarfについても発表やディスカッションが行われることでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  OpenStack , オープンソース


次の記事
クラウドのすべてのスタックがオープン化。データセンターは「Open Compute」、IaaSは「OpenStack」、PaaSは「Cloud Foundry」

前の記事
PaaSをオープンソースのCloud Foundryで仕掛けるVMwareの狙いはどこにある?

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig