グーグル、Google Apps ScriptのGUIビルダー発表。統合開発環境のクラウド化が進む

2011年6月1日

グーグルは、Google Appsのプログラミング言語「Google Apps Script」に、ドラッグ&ドロップでユーザーインターフェイスを自由に構築できる「GUI Builder」機能を追加したと、Google I/O 2011のセッション「Developing Apps, Add Ins and More with Google Apps Script」で明らかにしました。

fig

GUI Builderは無料でGoogleドキュメントを利用しているユーザーでも利用可能になっています。Googleドキュメントから任意のスプレッドシートを開き、[ツール]メニューから[スクリプトエディタ]を選択。起動したスクリプトエディタの[ファイル]メニューの[ユーザーインターフェイスを構築…」を選択すると、GUI Builderが起動します。

fig

左側のオブジェクト一覧から、ボタンやラベル、テキストボックス、チェックボックス、ラジオボタン、イメージ、パスワードなどさまざまな部品を中央の画面上に置き、大きさや位置を自由に変えることができます。

それらのオブジェクトを、右側のプロパティで、名前、表示する文字列、色、ピクセル単位の位置設定、イベントの関連づけなどを行っていきます。

fig

開発環境もクラウドへ

Google Apps Scriptは、マイクロソフトのOfficeにおけるVisual Basic for Applicationsのような位置づけのプログラミング言語です。JavaScript互換の言語であること、そしてあまり知られていませんがサーバサイドで実行されることが大きな特徴です。つまりGoogle Apps ScriptはサーバサイドJavaScriptの一種であり、単なるマクロ以上の機能を備えた、複雑なビジネスアプリケーションを構築可能な言語なのです。

すでにGoogle Apps Scriptには、ブレークポイント、ステップ実行、オブジェクトブラウザなどの機能を備えたデバッガが用意されています。

fig

今回のGUI Builderを組み合わせることで、Google Apps Scriptは本格的な統合開発環境を備え始めました。

業務アプリケーションとしてGoogle Appsを提供するだけでなく、アプリケーションの開発環境もクラウドから提供するというグーグルの計画は着々と進んでいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Google , JavaScript , クラウド , 開発ツール



≫次の記事
ビジネスインテリジェンスDBMSの夜明け。あるいはカラム型、インメモリ型など新たなデータベースの勃興
≪前の記事
さよなら、僕が知っていたイーサネット

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus