VMwareが「ネットワークのハイパーバイザ」を発表すると予告

2010年8月18日

VMwareが今月8月30日からサンフランシスコで開催する「VMworld 2010」で、ネットワークを仮想化する「ネットワークのハイパーバイザ」を発表すると、同社R&Dディレクタ Howie Xu氏がビデオ「Future Direction of Networking Virtualization」で明らかにしています。

Network OS、あるいはNetwork Hypervisor

名称はまだ明らかになっていないこの機能は、「データセンターのアジリティ、拡張性などを向上させるためのネットワーク仮想化」を実現し、「ネットワークをもっと透明で、管理しやすく、Network as a Service」なものにするとXu氏は説明しています(海外のいくつかの記事では、これが「vFabric」という名称になるのではないかと推測されていましたが、どうやら違うようです)。

これがVMwareが発表する「Network OS、あるいはNetwork Hypervisorと呼んでもよい」というものだそうです。

そしてこのNetwork Hypervisorの上に、同社やサードパーティがネットワークセキュリティ、ロードバランス、IPアドレス管理、課金、性能管理などのさまざまなネットワークアプリケーションを開発するとのこと。

先月発表されたvSphere 4.1では、ストレージアレイに対するAPIであるVAAI(vStorage API for Array Integration)がリリースされ、いま多くのストレージがこのVAAIに対応しつつあります。Xu氏がいうNetwork Hypervisorの機能が発表されれば、今度はスイッチやルータ、ファイアウォールなどのさまざまなネットワーク機器が、VMwareのAPIに対応していくことになるかもしれません。

仮想化によってサーバの機能が進化していることは今年2月の記事「サーバは「単体」から「群体」へと進化中」や、3月の記事「仮想化が変えるサーバ。なぜIBMの新技術はx86サーバの搭載メモリを飛躍的に拡大させる道を選んだか」などで紹介しましたが、サーバだけにとどまらず、ストレージやネットワークといったデータセンターを構成するシステム全体にその影響を及ぼそうとしています。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : VMware , 仮想化



≫次の記事
仮想化技術の最新動向、VMware vSphere 4.1の評価は? ~ 仮想化エバンジェリストのタカハシ氏に聞く(前編)
≪前の記事
国内のSaaS市場は5年で1.6倍、PaaS/IaaS市場は5年で10倍以上の成長、富士キメラ総研

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig