アジャイル開発とクラウド(SaaS)利用の位置づけ、SIerの生きる道

2010年9月28日

早口の関西弁でつっこみまくって笑いを誘い、でも最後にアジャイル開発とクラウド利用の棲み分けについて「なるほど」と思わせる素敵なライトニングトークのビデオを見つけました。

それはPublickeyでも何度か紹介している9月4日に行われたイベント「XP祭り2010」での、市谷聡啓氏によるライトニングトーク「始まらなかったAgileの話をしよう」です。

アジャイル開発、セールスナントカに敗退す

ライトニングトークのあらすじを紹介しましょう。市谷氏がある海岸沿いのSIerにいたころの話。

fig

お客様から「特定の期間しか使わない。できるだけ早く利用したい。ただし仕様は変わる可能性がある」というシステム開発案件の依頼を受け、「これはアジャイルしかないだろう」とお客様に提案。

市谷氏はこの提案で「勝利を確信したなと」。

「ところがこいつが出てきたんですね、黒船ですわ」と思わぬ競合が出現。「具体的に言うとセールスナントカっていう会社なんですが、完全に競合になりまして」(会場笑)と、某クラウドベンダーが競合に。

「われわれの提案はUIのいい感じのシステム作りますよと。(略)ま、楽勝やなと!」(会場爆笑)

「ところが、セールスナントカは、見た目はしょぼいんですが、すでにありますよと。すでにあるってなんやねんと。明日からでも始められますよということになって、じゃあお客さんはセールスナントカを選びますよということになった」と、市谷氏側のアジャイル開発は競合に負けてしまったとのこと。

「で、何がおきたんやと?」と市谷氏は振り返って分析します。

「システムってどういのうがあるのって考えたときに、絶対動いてないといけない(ミッションクリティカル)かどうかとか、その企業の競争の源泉になっているかどうか(コアコンピタンス)という軸で考えていくと、いろんな種類があるんですな」

fig (読みにくい文字について画面上で補足しています)

市谷氏は、これを大きく2つに分けます。非コアコンピタンスのためのシステムは、適切に動けばいい。安ければ安いほどいい。コアコンピタンスのためのシステムは、つねに答えを探し続けるものだろうと。

fig

「それを提供する手段として、右側にはSaaSとかPaaSがあって、左側には内製、アジャイルというのがこれからなっていくのではないかなと思う」(市谷氏)

fig

市谷氏はこのように、アジャイル開発とPaaS、SaaSの位置づけを示しました。

市谷氏の話には、SIerの開発案件がクラウドによって大きく変わろうとしていること、コアコンピータンスでない部分の開発案件は安価ですぐ使えるクラウドによって奪われていくのだろう、ということが表れていると思います。

もちろん、コアコンピータンスのためのシステムをアジャイル開発で行う場合のプラットフォームとしてPaaSやSaaS、IaaSなどのクラウドを使うこともあり得るので、アジャイル開発とクラウド利用が対立するわけではありません。クラウドをどう使って開発をしていくのか、SIerや開発に関わる人にとって大事な教訓が含まれているのではないでしょうか。

以下が市谷氏のライトニングトークのビデオ。4分45秒です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : SaaS , Salesforce.com , アジャイル開発 , クラウド , システム開発



≫次の記事
Twitter、JavaScriptを同社のコアテクノロジに採用。UIとともにアーキテクチャにも変化が
≪前の記事
電子書籍フォーマット「EPUB」で縦書きとルビのサポート、来年5月には仕様完成の見通し

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus