Google App Engineのロードマップ。半年以内に30秒制限もスピンアップ待ちも撤廃?

2010年3月30日

Google App EngineのWebサイトに「App Engine Product Roadmap」と名付けられた、文字通り今後のApp Engineのロードマップを説明したページがあります。

App Engine Product Roadmap - Google App Engine - Google Code

このページに書かれている説明によると、ロードマップとして挙げられている項目はApp Engineチームによって開発が進められており、多くは6カ月以内に実現することを意図しているとのこと。また、項目はつねに更新されているとのことです。

ただし、このページに書かれているロードマップの項目はすべてが具体的に書かれているわけではないため、実際にどのような実装として登場するのか分からないものもあります。

Javaのプログラミングなどに詳しいスティルハウスの佐藤一憲氏は、このロードマップを独自に解釈したエントリ「 #appengine の未来はこうなる!」を2日前にブログにアップしています。今後Google App Engineはどうなると予想されているのでしょうか。それぞれを見ていきましょう。

6カ月以内に30秒制限は撤廃されるのか?

まずは2010年3月30日現在の、「App Engine Product Roadmap」ページに掲載されている項目を見てみましょう。以下のことが実現予定とされています。

#appengine の未来はこうなる! - スティルハウスの書庫

これらについて佐藤氏は次のような具体的な予想を挙げています。重要そうな項目をいくつか引用して紹介します。

30秒を超えた実行、スピンダウン/スピンアップの待ちの改善については、悩まされているデベロッパーが多いと想像されるので嬉しい項目なのではないでしょうか。ただし、後者は有料オプションではないかと佐藤氏は予想しています。また、MapReduceが容易に利用できるようになれば、Google App Engineの新たな利用分野が広がりそうです。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  Google , Google App Engine , MapReduce


次の記事
セールスフォースが「Force.com vs Windows Azure」ビデオを公開。クラウド開発環境の明日はどっちだ?

前の記事
仮想化エバンジェリスト「タカハシ」氏にインタビュー。なぜSIerからエバンジェリストが誕生したのか?


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig