Dockerのファイルアクセスが最大で2倍から10倍高速に。買収したMutagenのファイル同期技術をDocker Desktopに統合

2024年2月9日

Docker社は、2023年に買収したMutagenの技術を1月25日付でリリースされたDocker Desktop 4.27に統合し、ファイルアクセスの速度を最大で2倍から10倍に向上させたことを明らかにしました

fig

Docker Desktopを用いた開発環境の課題の1つは、Docker Desktop環境で開発対象としている仮想マシンにあるファイル群と、仮想マシンをホストしているローカルマシン上のファイルとのやりとりに時間がかかることでした。

これはDocker環境からホストのファイルシステムにアクセスするためのbind mountと呼ばれる仕組みに主に起因するものです。

仮想マシンとホストマシンのファイルを高速かつ低遅延で同期

これを解決するのが、今回Docker Desktop 4.27で統合されたMutagenのファイル同期機能です。これはDocker Desktopが構築したコンテナ用の仮想マシン内のファイルシステムとホストマシンのファイルシステムとを高速かつ低遅延で同期する技術によって実現されています。

このファイル同期機能はあらかじめ設定するだけで、ユーザーからは透過的に動作するため、ユーザーは性能向上の恩恵を受ける以外に気にすることはほとんどないと説明されています。

特に大規模なリポジトリを管理してDocker環境から利用するケースや、VirtioFSやgRPC FUSEなどの仮想ファイルシステムを利用しているケースなどで、ファイルアクセス性能の低さによる開発生産性の低下を解決できることになります。

ただし欠点としては、同一ファイルが仮想環境内のファイルシステムとホストマシンのファイルシステムの2つ存在するようになるため、ストレージの利用量は増大する点が挙げられます。

このファイル同期による性能向上機能は、Docker Pro、Docker TeamsDocker Businessのいずれかのサブスクリプションユーザーに対して提供されます。

このDocker Desktop 4.27には、Dockerの設定を大きく省力化する「Docker Init」コマンド正式版も新機能として含まれています。

参考:Dockerの設定を大きく省力化する「Docker Init」コマンドが正式リリース。DockerfileやCompose設定ファイルなど自動生成

関連記事

あわせて読みたい

Docker コンテナ型仮想化




タグクラウド

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed

最新記事10本