グローバルのクラウドインフラ市場シェア。AWSがやや減少の一方、マイクロソフトは順調にシェアを伸ばす。2023年第4四半期、Synergy Researchの調査結果

2024年2月6日

調査会社のSynergy Research Groupは、2023年第4四半期のグローバルにおけるクラウドインフラのシェアを発表しました

クラウドインフラとは、IaaS、PaaS、ホステッドプライベートクラウドを合わせたものを指します。

発表によると、2023年第4四半期は昨年と比較して市場全体が20%成長と、前四半期よりも2ポイント高い成長率を示す中で、シェアトップを走るAWSがややシェアを落としつつある一方、マイクロソフトはシェアを伸ばしていることが示されました。

AWSはシェア31%、マイクロソフトは24%に

具体的なシェアの数字は、AWSが31%、マイクロソフトは24%、Googleは11%でした。また、上位3社のシェアの合計は67%程度にまで達しています。

fig

マイクロソフトは前四半期で2ポイント、今四半期でも1ポイントと連続してシェアを伸ばしています。

同社はOpenAIとの提携によるCopilotサービス群を積極的に展開するなどAI分野で躍進しており、それがクラウドインフラのシェア上昇にも間接的に寄与していると見られています。そのため、同社のシェア上昇は今後も続く可能性が高いでしょう。

一方、シェア4位以下に位置するAlibaba、IBM、Salesforceの3社は継続的にシェアが下落するなかで、一時期シェア上昇のトレンドを見せていたオラクルがここにきてやや失速しているようにも見えます。オラクルがここで踏みとどまり、再び上昇傾向に戻せるかどうかも今後のクラウドインフラの動向を見る上で1つのポイントとなりそうです。

≫「クラウドのシェア」過去記事から最新記事まで

あわせて読みたい

AWS Google Cloud クラウド クラウドのシェア 業界動向




タグクラウド

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed

最新記事10本