オブザーバビリティSaaSを提供するNew Relicが投資ファンドによる買収を発表

2023年8月1日

アプリケーションを構成するスタック全体に渡ってパフォーマンスなどの監視が行える、いわゆるオブザーバビリティツールをクラウドサービスとして提供しているNew Relicが、投資ファンドによる買収を発表しました(プレスリリース、。Bill Staples CEOによる発表

fig

New Relicを買収するのは、投資ファンドを運用するフランシスコ・パートナーズおよびTPGの2社。New Relicはニューヨーク証券取引所に上場している公開企業ですが、この買収によって上場廃止となる見通しです。

Bill Staples CEOは、この買収の後も同社の戦略や顧客との取引について変わることはないと次のように説明しています

This change in ownership does not change our strategy, who we are or how we do business or with you. As before, we retain the same vision and values that have always driven us, and the same love for software, our customers and your success.

今回の買収によるオーナーシップの変更によって、私たちの戦略、私たち自身のあり方、ビジネスやお客様との関係が変わることはありません。これまでと同様、私たちを常に動かしてきたビジョンと価値観、そしてソフトウェア、お客様、そしてお客様の成功に対する愛情は変わりません。

株価のプレッシャーから離れて事業に集中か?

New Relicが投資ファンドによる買収を選択した理由について明確な説明は発表の中に含まれていません。

買収に関連するNew Relicの状況を整理すると、New Relic自身はここ最近業績が悪化していたり株価が低迷しているわけではなく、またBill Staples CEOによる発表を読む限り買収も友好的に行われ、買収後に同社の戦略と革新をさらに加速していくと表明されています。

New Relicがサービスを展開しているオブザーバビリティ市場はクラウドネイティブの分野で注目度が高まっており、今後のニーズ拡大が期待されています。そうしたなかでサービスを強化し企業価値を高めるには、競合よりも速くサービスを改善強化することが欠かせません。

そしてNew Relicを買収する立場である投資ファンドは通常、買収した企業の企業価値をより高めて再上場もしくは事業会社に売却することでキャピタルゲインを得ることを狙っています。

これから買収の理由を想像するとすれば、New Relicを株式市場からいったん退場させることで経営陣を株式市場における株価上昇のプレッシャーや公開企業における雑事(業績の開示や株主への説明など)から解放して事業に集中できるようにし、より速いスピードで企業価値を高めて再上場させる、というシナリオでNew Relicと投資ファンドが合意し、買収に至ったのではないかと考えられます。

買収は2023年後半から2024年前半に完了する予定とのことです。

あわせて読みたい

クラウドネイティブ 運用・監視




タグクラウド

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed

最新記事10本