JavaScriptツールチェインの統一を目指した「Rome」のコアチームによる公式フォーク「Biome」が開始

2023年9月5日

JavaScriptやTypeScriptのアプリケーションを開発する際に使われる、ソースコードのフォーマットや文法チェック、複数のコードのバンドルなどのツールを連携させた、いわゆるツールチェインを、単一のツールで実現してしまおうというのが、2020年にオープンソースで登場したRomeです。

その主要な開発者であるSebastian McKenzie氏がRomeの開発とサポートを推進するための企業「Rome Tools, Inc.」を2021年5月に立ち上げます。

参考:JavaScriptツールチェインの統一を目指す「Rome」開発チームが起業、「Rome Tools, Inc.」を立ち上げ

しかし現時点でこのRome Tools,Inc.は全従業員をレイオフした状態で、Romeの開発も滞っていると、コア開発チームのEmanuele Stoppa氏はブログ「Announcing Biome」で説明します。

今年(2023年)4月にRomeのコントリビュータとなったnissy-dev氏のブログによると、今年1月には給料が支払われなくなっていたとのことです(nissy_dev氏も後述するBiomeのコア開発チームに入っています)。

そのためRomeの公式WebサイトもDiscordもコードレジストリも、関連するあらゆるリソースが操作できない状態になったとして、Emanuele氏とRomeのコアチームがRomeをフォークし、新プロジェクトの「Biome」を立ち上げたと発表しました。

fig

Biomeの立ち上げを発表したブログ「Announcing Biome」で、BiomeはRomeの公式なフォークだと次のよう説明されています。

We are happy to announce Biome, toolchain of the web. Biome is the official fork of Rome and it will continue to be Rome’s legacy. Biome is led and maintained by the same people that maintained Rome so far.

ここにWebのツールチェーンであるBiomeを発表します。
BiomeはRomeの公式フォークであり、Romeの遺産を継続します。 BiomeはこれまでRomeをメンテナンスしてきたのと同じ人たちによって主導され、メンテナンスされていきます。

BiomeもRomeと同様の方針で開発される予定ですが、ロードマップは変更される可能性があるとのこと。

対応する予定の言語はJavaScript、TypeScript、JSX、JSON、JSONC、HTML、CSS、Markdownなど。現時点ではこれらのうち一部の言語に対してコードのパースとフォーマッティング、リンティングがサポートされています

あわせて読みたい

JavaScript Web技術 開発ツール



タグクラウド

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed

最新記事10本