Docker+Wasm Tchnical Preview 2がリリース。Wasmをコンテナとして扱える業界標準「runwasi」採用でWasmランタイムを選択可能に

2023年4月4日

Docker Desktopを提供するDocker社は、Docker DesktopにWebAssemblyランタイムを統合したDocker DesktopのTechnical Preview 2をリリースしたと発表しました

fig

Technical Preview 2での最大の変更点は、runwasiを採用したことでWebAssemblyランタイムが選択できるようになったことです。

Technical Preview 1ではWasmEdgeのみに対応していた

2022年10月に発表されたTechnical Preview 1では、Docker DesktopにWebAssemblyランタイムを統合する手段として、WebAssemblyランタイムをまるでコンテナランタイムのように見せかけるための仕組みを持つ「containerd-wasm-shim」と呼ばれるソフトウェアを開発し、組み込んでいました。

参考:Docker DesktopがWebAssemblyランタイムを統合。コンテナと同様にWebAssemblyイメージを実行可能に

fig

上図の右端の枝が「containerd-wasm-shim」を使ってWebAssemblyランタイムを組み込んでいることを示しています。

このTechnical Preview 1がリリースされた時点では、containerd-wasm-shimは特定のWebAssemblyランタイム、この時点ではWasmEdgeを前提にして作られていました。

その後2022年12月、最も普及していると見られるコンテナランタイム「containerd」の開発プロジェクトにおいてWebAssemblyをコンテナとして扱うためのソフトウェア「runwasi」が作られ、containerdに統合されます。runwasiはcontainerd-shimがベースになっています。

containerdにrunwasiが統合されたことで、containerdは標準機能としてWebAssemblyをコンテナとして見なせるようになったと同時に、runwasiがそのための事実上の標準インターフェイスになりました。

参考:コンテナランタイムのcontainerdに、WebAssemblyをコンテナとして扱うための「runwasi」が統合。これからのコンテナランタイムはWebAssemblyと統合されていく

runwasiの採用で複数のWebAssemblyランタイムに対応へ

Technical Preview 2では、このrunwasがDocker Desktopに取り込まれました。そのため、runwasiに対応したさまざまなWebAssemblyランタイムをDocker Desktopに統合できるようになりました。

現時点ではFermyonの「spin」、Deislabsの「slight」、そしてBytecode Allianceの「Wasmtime」が統合できると説明されています。

今後はDocker Desktopだけでなく、コンテナランタイムのcontainerdを使って動作するさまざまなプラットフォームでWebAssemblyがコンテナの一種として扱われていくことになるでしょう。

Technical Preview 2はMac(Intel/Arm)、Linux(Intel/Arm)、Windowsに対応しています。

あわせて読みたい

Docker WebAssembly コンテナ型仮想化 Docker Desktop



タグクラウド

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed

最新記事10本