SUSEがRed Hat Enterprise LinuxとCentOSにもテクニカルサポートやパッチを提供。「SUSE Liberty Linux」プログラムを発表

2022年1月21日

SUSEは、SUSE Linux Enterprise Server(以下SLES)およびRed Hat Enterprise Linux(以下RHEL)、CnetOSに対応するサポートプログラム「SUSE Liberty Linux」の提供を発表しました

fig

SUSE Liberty Linuxは、ディストリビューションやソフトウェアの名前ではありません。SLES、RHEL、CentOSの3つのLinux OSをSUSEがワンストップでサポートする、サポートプログラムの名称です。

具体的にはこのプログラムの下で、管理ツール、テクニカルサポート、パッチが提供されます。

管理ツールとして提供されるSUSE Managerは、SLES、RHEL、CentOSを1つの管理画面で管理するツールです。任意のLinuxシステムをグループ化して管理でき、状態管理やアップデートの有無などを確認できます。オンプレミスはもちろん、ベアメタルサーバや仮想化基板上で稼働しているサーバ、クラウド上のサーバも管理可能です。

テクニカルサポートとしては、24時間365日のチャット、電話、メールで質問を受け付け、対応します。

そしてRHEL、CentOSなども含めて本家とバイナリコンパチブルなパッチやアップデートを提供するとしています。

このLiberty Linuxによって、マルチベンダ環境にあるLinuxをワンストップで管理できるとSUSEはそのメリットを説明しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ Linux / OS / SUSE / オープンソース



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本