GitHub、スポンサーだけが見られるリポジトリ「Sponsors-only repositories」発表

2022年2月3日

GitHubは、オープンソースの開発者に経済的な支援を行える機能「GitHub Sponsors」の新機能として、スポンサーだけが見られるリポジトリ「Sponsors-only repositories」を発表しました。

GitHub Sponsorsは2019年11月に正式サービスとして開始された、オープンソースの開発者が簡単に経済的な支援を受けられる仕組みを提供します。

支援を受ける開発者は「スポンサード開発者」となります。オープンソースに経済的な支援をしたい支援者(スポンサー)は、あらかじめスポンサード開発者が設定した月次の支払金額などを寄付することで経済的支援が行えるようになっています。

今回発表されたSponsors-only repositriesはこのGitHub Sponsorsの新機能です。サービス名の通り、スポンサーだけが内容を参照できるリポジトリを設定できます。これにより開発中のソースコードを先行してスポンサーに開示する、といったことが可能になります。

またDiscussionやIssue機能によって、スポンサーとのディスカッションなどのコミュニケーションも可能です。

そのほかスポンサー金額の最小限度額の設定が可能になるなどの新機能も追加されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ プログラミング言語 / GitHub / オープンソース



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準
アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本