Docker HubにHelmチャートやWebAssemblyなどさまざまなファイルが保存可能に、OCI Artifactsのサポートで

2022年11月10日

Docker社は、Docker HubのOCI Artifactsサポートを発表しました。これによりDocker HubにHelmチャートやWebAssemblyモジュール、Docker Volumesなど、Dockerコンテナイメージ以外にもさまざまな成果物を保存し、取り出すことができるようになります。

OCI(Open Container Initiative)は、Dockerコンテナの標準仕様を定めている業界団体であり、OCIイメージはDockerコンテナイメージの業界標準として広く使われています。

そしてOCIではDockerコンテナイメージだけでなく、Dockerコンテナとして実行することを想定していないイメージのパッケージングについても標準仕様を定めています。それがOCI Artifactと呼ばれています。

このOCI Artifactに従ってさまざまなソフトウェアやバイナリをパッケージングしたものをDocker Hubに保存し、取り出せるようになりました。この利点をDocker社は次のように説明しています。

Storing your artifacts in Docker Hub unlocks “anywhere access” while also enabling improved collaboration through Docker Hub’s standard sharing capabilities.

Docker Hubにアーティファクトを保存することで、そのファイルに「どこからでもアクセス」することが可能になり、Docker Hubの標準的な共有機能によってコラボレーションを向上できるのです。

つまりDocker関連の開発で必要なファイルの共有は、すべてDocker Hubを通じて行えるため、より便利にコラボレーションできるようになる、というわけです。

Docker Desktopは先日、WebAssemblyのサポートも発表されたところでもあり、Dockerコンテナ以外のイメージもDocker Hubで取り扱えるようになることで、WebAssemblyバイナリの保存なども今後行われていきそうです。

参考:Docker DesktopがWebAssemblyランタイムを統合。コンテナと同様にWebAssemblyイメージを実行可能に

OCI Artifactsのサポートは、すでにAmazon Elastic Container Registry(Amazon ECR)、Azure Container Registryでも始まっています。今後Docker HubをはじめとするDockerレジストリは、開発者にとってDockerコンテナイメージだけでなく、汎用のファイルレジストリとして使われていくことになるのかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ Docker / コンテナ型仮想化



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本