「Windows Server 2022」プレビュー版が登場、安全なブートなどセキュリティ強化。Microsoft Ignite 2021

2021年3月4日

マイクロソフトは現在開発中の次期Windows Server「Windows Server 2022」プレビュー版の公開を発表しました

Windows Server 2022は長期サポート対象(LTS)となる、Windows Serverにとって重要なバージョンアップになる予定です。

セキュリティを強化したSecured-core server搭載

Windows Server 2022では、セキュリティを強化した「Secured-core server」を搭載。

Secured-core serverでは、安全な暗号処理を実現するために耐タンパー性を持つ標準準拠のセキュリティチップ「Trusted Platform Module 2.0 」(TPM 2.0)などを用い、安全なブートやファームウェアの脆弱性対策などを実現。

さらにVirtualization-based Security(VBS)とHypervisor-based Code Integrity (HVCI)の機能も備え、カーネルなどOSの特権レベルで動作する部分とそれ以外の部分を分離することで、脆弱性への対策を行います。

通信部分では、HTTPSとTLS 1.3がデフォルトで有効になりました。

Kubernetesを基盤としてハイブリッドクラウドを実現するAzure Arcにも対応。Azure Arcを通じてパブリッククラウドとオンプレミスを統合管理できます。

またWindows Containerを改善し、コンテナイメージはさらに小さくなり、Kubernetesでもより扱いやすく、アプリケーションの互換性も高めたとのこと。

Windows Server 2022は、プレビュー版がダウンロードできるほか、Microsoft Azure上で試すこともできます

Windows Server 2022正式版は今年後半に登場予定です。

Microsoft Ignite 2021

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ OS / Windows / Microsoft / Windows Server



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準
アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本