VMware Cloud on AWSをオンプレミスに持ち込む「VMware Cloud on AWS Outpost」が正式リリース。VMworld 2021

2021年10月6日

AWSとVMwareは、「VMware Cloud on AWS Outpost」の正式リリースを発表しました(AWS Blogでの発表)。

fig VMwareはVMworld 2021の基調講演で発表しました

AWSは2018年にオンプレミスでAWSのクラウド環境を実現する「AWS Outposts」を発表。

AWS Outpostsは、AWSが設計した、AWSのクラウドインフラで使われているものと同じハードウェアとソフトウェアをラックマウントのシステムとしてまとめたものをオンプレミスに持ち込むことで、オンプレミスでもAWSと一貫性のあるクラウドインフラが利用可能になるというもの。

ユーザーはオンプレミスとクラウドインフラのどちらでも、AWSのサービスを活用したソフトウェアを実行できるようになります。

このとき、「AWSネイティブ」と「VMware Cloud on AWS」の2つのOutpostsがリリースされることが合わせて発表されていました。

fig2 AWS re:Invent 2018でのOutpostの発表スライドから

発表から1年後の2019年には、AWSネイティブなOutpostが正式リリースされていました。

今回ようやく、VMware Cloud on AWS Outpostが正式版になりました。

VMware Cloud on AWS OutpostはAWSネイティブなOutpostと同様に、VMware Cloud on AWSをマネージドサービスとしてオンプレミスのデータセンターに持ち込んで実行可能にします。操作はVMware Cloud on AWSと同様にVMware Cloud portalから行うことになります。

またVMware Cloud上でKubernetesのマネージドサービスを提供する「VMware Cloud with Tanzu services」も、今回のVMworld 2021で同時に発表されています

fig

これにより、VMware Cloud on AWS OutpostでもマネージドなKubernetesサービスを利用可能になると見られます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本