AWS、コンテナにWebアプリを置くと簡単にデプロイが完了する「App Runner」リリース。オートスケール、ロードバランス、証明書の管理などすべておまかせ

2021年5月24日

AWSは、コンテナに特化したWebアプリケーション実行環境のマネージドサービス「AWS App Runner」をリリースしました

コードを書いてクラウドに置くだけで、ランタイムが用意され、自動的にWebサーバ上にデプロイされ、ロードバランスとオートスケールが提供され、Webアプリケーションとしてすぐ実行できる、といったマネージドサービスは、例えばHerokuやCloud Foundryなどが提供しています。

これらは、いわゆるPaaS(Platform as a Service)と呼ばれており、開発者はインフラのことを気にすることなく、アプリケーションの開発に注力できることが大きな利点です。

AWS App RunnerはそうしたPaaSとほぼ同様の機能を提供するサービスだと言えます。

Webアプリケーションを簡単にデプロイできるApp Runner

AWS App Runnerは、コンテナ化されたWebアプリケーションを簡単に本番サービスとしてデプロイできるサービスです。

コンテナ化されたWebアプリケーションは、TLS証明書がセットされたロードバランサー配下にデプロイされ、同時リクエスト数に応じてオートスケールが働きます。

そのため開発者はWebアプリケーションのためのインフラの設定や運用を気にすることなく、コードを書くことに専念できると説明されています。

App Runnderで利用するコンテナは、ビルド済みのコンテナイメージを利用するか、コードリポジトリからコードを取得してApp Runner配下でビルドすることが可能です。

ビルド済みのコンテナイメージを利用する場合は、あらかじめビルドされたコンテナイメージをAmazon ECRなどのコンテナレジストリに登録し、それをApp Runnerから利用します。

コードリポジトリを利用する場合、App RunnerはPython 3とNode.js 12のランタイムに対応しているため、App RunnerからGitHubなどのコードリポジトリに接続してコードを取得、App Runner配下でビルドプロセスを制御してコンテナへビルドし、デプロイすることになります。

AWSはApp RunnerのパートナーとしてMongoDB、Datadog、HashiCorp、Pulumi、Logz.io、Trek10、Sysdigなどの名前を挙げ、これらの企業のサービスとApp Runnerが容易に統合可能になっていると説明しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本