クラウドネイティブを実現する「APIプラットフォーム」の活用と進化を、 楽天カード、AI inside、APIプラットフォームベンダらが解説[PR]

2021年11月1日

新しいシステムを構築する際にはプログラミングによる開発だけでなく、ソフトウェアやサービスを適切に組み合わせることが重要な時代になってきました。

既存のシステム間連携だけではなく、コンテナやサーバレスなどを活用するクラウドネイティブなアーキテクチャにおいて、サービス同士をAPIで連携させていく手法は不可欠と言っていいでしょう。

しかしサービス間をAPIで接続する際には、認証をどうするのか? トラフィック管理をどうするのか? ログをとるべきなのか? など、実装すべき機能は数多く存在します。

APIによるシステム連携やサービス連携のニーズが高まるにつれ、これらを解決するための「APIゲートウェイ」や「サービスメッシュ」への注目が高まっています。

そして現在ではこれらの機能を統合的に備える「APIプラットフォーム」ベンダが登場してきているのです。

API管理を統合した「APIプラットフォーム」

そのAPIプラットフォームベンダの代表的な企業が「Kong Inc.」でしょう。

同社はオープンソースAPIゲートウェイの「Kong Gateway」やサービスメッシュの「Kuma」を公開し、製品としても提供していることに加えて、これらAPI管理に関わるソフトウェアを統合しプラットフォーム化した「Kong Konnect」を提供しています。

fig

そのKongが、API管理やAPIプラットフォームの最新動向や事例を紹介するオンラインイベント「Kong Summit, Japan 2021」を12月2日に開催します。

おもなセッションとして、楽天カード株式会社のフィンテックにおけるAPIを大規模に継続的に提供するためのリファレンスアーキテクチャの取り組み、AI inside 株式会社によるkubernetesとKong Gateway Enterpriseを中心にAPIを集約するプラットフォーム構築の解説、そしてKong Inc.によるAPIプラットフォームおよび同社製品の最新動向とロードマップの紹介などがあります。

Kong Summit, Japan 2021プログラム

~APIサービスコネクティビティプラットフォームの衝撃!~ 年次カンファレンス
Kong Summit, Japan 2021

日時:2021年12月2日(木)13:00~17:00
会場:オンラインカンファレンス(Zoom Webinar使用)

13:00 開催のご挨拶
(西原 順二 Sales Director, Kong Inc.)

13:10 秋に開催したグローバルカンファレンスKong Summit 2021から、主なトピックおよび最新情報をお届けします 1
本年のKong Summitで発表されたソリューション、お客さま事例、パートナーシップについてご紹介します。Kongの最新情報、ロードマップについてもアップデートしてお届けします。
(Brad Drysdale(ブラッド ドライズデール) Field CTO, Kong Inc.)

13:40 「ベンチャーキャピタルから見たエンタープライズソフトウェアの潮流とKongへの期待」
Kongを含む数多くの急成長ソフトウェアに投資しその成長を支援してきたベンチャー・キャピタルの視点から、エンタープライズソフトウェアのトレンドと日本企業の変革を支援しうる存在であるKongへの期待についてお話します。
(代田 常浩 氏 パートナー WiL, LLC)

14:10 「Global Kong Summitより、金融機関のテクノロジー戦略、E コマースでの活用法、サービス メッシュについてご説明します」
Global Kong Summitより、1) ナショナルオーストラリア銀行 (NAB) のテクノロジー戦略において、AWS と Azure の両方で Kong を実行する方法と Kong を利用している理由、2) コマース API を Kong で統一する E コマースの事例および 3) サービス メッシュにおけるEnvoyの役割をご紹介します。
(田淵 義人氏 新規事業開発室室長 ソフトウェア事業部 エクセルソフト株式会社)

14:40~14:55 休憩

14:55 AI inside 株式会社:Kongと共に歩んだAIプラットフォーム構築までの軌跡
AI inside 株式会社はAIの民主化を促進すべく、kubernetess × Kong Gateway Enterpriseを中心にAPIを集約するプラットフォームを構築しています。しかし、その道筋は決して平坦なものではありませんでした。本セッションでは、当社がKongを利用する中で経験してきた障壁と、乗り越えるための様々なチャレンジを通じ、Kongを最大限に活用するまでの軌跡をお伝えします。

15:25 秋に開催したグローバルカンファレンスKong Summit 2021から、主なトピックおよび最新情報をお届けします 2
本年のKong Summitで発表されたソリューション、お客さま事例、パートナーシップについてご紹介します。Kongの最新情報、ロードマップについてもアップデートしてお届けします。
(Melissa van der Hecht(メリッサ・ファン・デル・ヘクト) Field CTO, Kong Inc.)

15:55 楽天カード株式会社:フィンテックにおけるレガシー課題の解決方法: ひとつずつのAPI
小規模な組織では避けられ、大規模な企業でも同様に困難であった、ルーティングの処理、セキュリティのオフロード、APIの認証とオーケストレーションを、Kongの機能を活用してAPIを大規模に継続的に提供するためのリファレンスアーキテクチャの取り組みをお届けします。
(Arshal Ameen氏 Application Architect システム開発部 テクノロジーインキュベーショングループ 楽天カード株式会社
中島 裕規氏 DevOps Engineer システム開発部 テクノロジーインキュベーショングループ 楽天カード株式会社)

≫参加申し込みは「Kong Summit, Japan 2021」のページへ

fig

年次カンファレンス Kong Summit, Japan 2021ご紹介ビデオ

(本記事はKong Inc.の提供によるタイアップ記事です)

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ プログラミング言語 / API / PR



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本