マイクロソフト、「Universal Print」のパブリックプレビュー開始。プリンタサーバをクラウド化し、プリンタドライバのインストールを不要に

2020年7月22日

マイクロソフトは、プリンタサーバをクラウド化し、クライアントPCへのプリンタドライバのインストールを不要にする「Universal Print」のパブリックプレビュー開始を発表しました

Universal Printは今年の3月に発表された新サービスです。

仮想デスクトップやアプリケーションのクラウド化によって、PCをネットワークにつなぐだけでさまざまなアプリケーションが簡単に利用可能になりました。その一方でプリンタを利用した印刷だけは、プリンタごとに異なるプリンタドライバをPCにインストールするなどの手間が必要でした。

こうした手間を解決すると共に、プリンタをAzure Active Directoryによって組織全体で統合管理し、集中してモニタリングやコンフィグレーションの設定などを可能にするのがUniversal Printです。

fig

マイクロソフトは、Universal Printを用いることで、ゼロトラストネットワーク上でAzure Active Directoryを用いてプリンタを管理でき、従来のプリントサーバも不要となり、利用者はシングルサインオンですぐプリンタを利用可能になる、といった利点があると説明しています。

Universal Printはマイクロソフトと下記のパートナーの協力によって開発されているとのこと。

fig2

Universal Printのパブリックプレビューは、まずMicrosoft 365 E5/A5の利用者からスタートし、8月にはMicrosoft 365 E3/A3とWindows 10 Enterprise E3/E5、9月にはMicrosoft 365 Business/F3そして全Microsoft 365ユーザーへと広がる予定です。

クラウドベースのプリンタソリューションとしては、Googleがクラウド経由で印刷を可能にするGoogleクラウドプリントを提供しています。しかしGoogleクラウドプリントは今年の12月31日で終了することがすでに発表されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本