オンラインチャリティITイベント開催、及川卓也氏 基調講演。協賛金は感染拡大防止のために寄付[PR]

2020年8月17日

株式会社アシストは、アフターコロナ/ウィズコロナの時代にデジタル化がさらに加速し、社会や企業におけるITの重要度がさらに高まることが予想されるなか、オンラインチャリティITイベント「アシストオンラインフォーラム2020」の開催を発表しました。

fig

日程は2020年8月24日月曜日から8月28日金曜日までの5日間。参加費は無料です。

当イベントはチャリティITイベントとなります。協賛各社からいただいた協賛金は、運営費を除く全額を新型コロナウイルス感染拡大への対応を支える団体に寄付されます。

基調講演は「ソフトウェア・ファースト」の及川卓也氏

基調講演は、書籍「ソフトウェア・ファースト あらゆるビジネスを一変させる最強戦略」の著者で、Tably株式会社 代表取締役Technology Enabler 及川卓也氏。

fig

「ソフトウェア・ファースト ~ ニューノーマルを生き抜く ~」と題し、これまでアナログを重視し、ITを単に業務効率化の道具として捉えてきた企業を「ソフトウェア・ファースト」に変える考え方、アプローチをお伝えします。

インフラやデータベース、仮想化、業務自動化など最新技術と事例

各セッションは、アシストが6500社を超えるお付き合いの中で培った経験をもとに、インフラ基盤、データベース、データ活用(BI/DI)、運用、開発、テスト、仮想化、セキュリティ、Webサイト活用などの分野で、様々な業界のお客様事例と最新IT技術が紹介されます。

インフラ/データベース

DXやデータ活用の要となるデータべース/インフラについて、クラウド化やアプライアンスの実例、さらにマルチテナントなどの最新技術トレンドをご紹介します。

データ活用(AI/RPA/BI/DI)

業務自動化を支援するAI/RPA、迅速な意思決定を支援するBI、多様なデータソースからデータを統合するDI等の様々なデータ活用について事例を交えてご紹介します。

運用/開発/テスト

働き方や生活様式の変化に伴い、ITの重要度はさらに高まり、IT運用もさらなる改善が必要です。リモート対応、自動化、DevOps、開発・テストの効率化などをご紹介します。

仮想化/セキュリティ

テレワークが当たり前になる中、セキュアなアクセスと確実な業務遂行を実現する環境をどう構築するかが課題となっています。最新トレンドを事例とともにお届けします。

業務自動化/データ転送

エンタープライスRPAによる業務自動化ソリューションや、機械学習・分析用データ準備のためのデータ・プレパレーション、データ転送の最新トレンドをご紹介します。

Webサイト活用

環境の変化により激変した消費行動。ますます重要度が高まるWebサイトの運営事例とともに、自社サイトをマーケティング活用する上での実践的な秘訣をご紹介します。

日程とお申し込み

日程:2020年8月24日(月)~8月28日(金)の5日間
受講形態:オンライン
参加費:無料(事前申込が必要)
主催:株式会社アシスト、株式会社のれん

全日程のプログラムとお申し込み方法は、下記のボタンをクリックしてご覧ください。

(本記事は株式会社アシストの提供によるタイアップ記事です)

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本