「AWS Toolkit for Visual Studio Code」がAmazon S3をサポート。VSCodeからS3バケットの作成やデータのアップロード、ダウロードなど可能に

2020年8月4日

Amazon Web Services(AWS)は、オープンソースのコードエディタVisual Studio Codeの拡張機能として提供している「AWS Toolkit for Visual Studio Code」の新機能として、Amazon S3対応を発表しました。

今回追加された新機能は、Visual Studio CodeからAmazon S3バケットの作成や削除、フォルダの追加、ファイルのアップロード、ダウンロードなどが可能になるというもの(ユーザーズガイド参照)。

これまでAWS Toolkit for Visual Studio Codeは、Visual Studioからサーバレスコンピューティング環境であるAWS Lambdaのローカル環境でのステップ実行やブレークポイントの設定などのデバッグ操作などを実現する機能をはじめとして、Amazon EC2インスタンスの作成、Amazon RDSの管理、Amazon DynamoDBのテーブル操作、AWS Elastic Beanstalkに対する.NETアプリケーションのデプロイなど、さまざまな機能を提供してきました。

これらにAmazon S3の操作が加わることで、AWSに対する基本的な機能の多くがVisual Studio Codeから利用できることになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本