「AWS Community Builders」開始。AWSに関する情報発信やコミュニティへの貢献に情熱を持つ人をAWSが支援

2020年8月3日

AWSは、AWSに関する情報発信やコミュニティへの貢献など、AWSに関するコミュニティ活動に関わる人を支援するプログラム「AWS Community Builders」を開始すると発表しました

fig

AWS Community Buildersの説明は、上記のツイートに簡潔にまとめられています。一部を引用しましょう。

Introducing AWS Community Builders: a global initiative which provides resources and mentorship to AWS builders who are passionate about sharing knowledge and connecting with the #AWSCommunity.

AWS Community Builderを始めます。これは知識をみんなと共有し、AWSコミュニティと関わりを持つことに情熱を持つAWSの開発者たちに、リソースやメンターシップ(指南)を提供するグローバルな取り組みのことです。

AWSは、特に日本ではJAWS-UGをはじめとする活発なコミュニティが多数あり、多くの開発者がブログなどで情報発信を行うなど、非常に積極的なコミュニティ活動が見られます。今回のAWS Community Buildersは、そうした取り組みを世界的にAWSが支援しようというものです。

具体的には、このAWS Community Buildersに申し込んで承認を受けた人に対して、AWSの新サービス情報や関連情報の提供、AWSや専門家からの技術指南、活動支援のためのクレジットの提供などが行われるとのことです。

参加費は無料で18歳以上なら申し込み可能。ただし申込者に対して、ブログやプレゼンテーション、AWSのフォーラムやStackOverflowなどで積極的な情報提供やAWSコミュニティでの活動、オープンソースへの貢献などが行われているかどうかなど、活動に関する審査が年に2回行われるようです。

あわせて読みたい

AWS クラウド




タグクラウド

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed

最新記事10本