Windowsデスクトップアプリ開発にも対応した「.NET Core 3.1」が正式リリース。LTS版として3年間の長期サポート対象

2019年12月9日

マイクロソフトはオープンソースで開発している.NETフレームワーク「.NET Core 3.1」正式版のリリースを発表しました

.NET Core 3.1は、9月にリリースされた.NET Core 3.0の安定度をさらに高めたもの。そしてこれがLTS(Long Term Support:長期サポート)版となり、これから3年間セキュリティパッチなどが提供されます。

fig .NET Core 3.0リリース時に発表された今後のスケジュール

.NET Core 3.1のベースとなった「.NET Core 3.0」では、これまで可能だったLinuxやWindows Serverのサーバーアプリケーションの開発に加えて、Windowsデスクトップアプリケーションの開発が可能になったことが最大の特徴でした。

WPFとWinFormsもオープンソース化され、単独で実行可能なexeファイルも生成可能になりました。

さらに、C#でシングルページWebアプリケーション(SPA)を含むフルスタックなWebアプリケーションを開発可能なBlazorも.NET Core 3.0とともに登場しました。

fig

ちなみに、これまでリリースされた.NET Coreのサポート終了予定は下記のようになっています。

  • .NET Core 2.1は2021年8月まで(1つ前のLTS版)
  • .NET Core 2.2は今年12月23日まで
  • .NET Core 3.0は2020年3月3日まで
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本