VMware、KubernetesをvSphereに統合した「Project Pacific」のベータ提供開始。まず特定の顧客向けに

2019年11月12日

VMwareは、KubernetesをvSphereに統合した「Project Pacific」を、特定の顧客向けにベータ版として提供開始したことを明らかにしました

Project Pacificは、8月にサンフランシスコで行われたVMworld 2019 USで発表されたばかり。

vSphereにKubernetesを統合することにより、vSphere上で直接KuberenetesクラスタやPodsを実行し、仮想マシンと一体として運用管理できるようになります。

fig2

またvSphereに統合されたKubernetesの機能はそのまますべて使えるため、Kubernetes対応のパッケージングツールやデプロイツールなどの周辺ツールは従来通りそのまま利用可能。

さらにvSphereには仮想ストレージ機能のvSAN、仮想ネットワーク機能のNSXも統合されており、これらも利用可能。

vSphereは代表的な仮想化基盤として知られていますが、Project Pacificはこれを、コンテナを活用したモダンなアプリケーションをそのまま実行、運用できるモダンなアプリケーションの実行基盤へと進化させていくものといえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本