Slackアプリケーション開発者の支援ツール「Slack Developer Tools」発表

2018年5月23日


チャットサービス「Slack」を提供するSlackは、米サンフランシスコで同社にとって初めてのデベロッパーカンファレンス「Spec」を開催。Slackアプリケーションの開発を支援する「Slack Developer Tools」を発表しました。

fig12

Slack Developer Toolsとして紹介されたのは、SlackのDeveloper Toolsのワークスペースです。

ここで「/sdt help」と入力すると、Slack Developer Toolsのコマンド一覧が表示されます。

fig13

次に、APIを呼び出してみます。「/sdt call api.test」と入力すると、結果が表示されます。

fig14

API名の一部だけ、「/sdt call chat.post」と入力すると、エラーとともに、関連しそうなAPIのボタンが表示されます。

呼び出したかったのは「chat.postMessage」だったので、そのボタンをクリック。

fig15

しかし、まだエラーがでます。どうやらパラメータが足りないようです。

fig16

そこでAPIドキュメントを表示するために「/sdt docs chat.postMessage」と入力。すると、ドキュメントが表示されます。

fig17

正しいパラメータが分かったので、「/sdt call chat.postMessage text=Hello Spec」と入力すると、正しく実行されました。

fig18

また、タイムライン上に表示されているメッセージがどんなJSONコードでできているのかを確認する機能も用意され、さらにJSONコードを入力するとプレビュー表示してくれる機能(これのみSlackの画面ではなく、Webツール)も用意されました。

fig19

Slack Developer Toolsは数日以内に詳細が発表される予定とのことです。

2018/5/23追記:コマンド名が間違っており、/stdを/sdtに修正しました。

Spec

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


≫次の記事
SaaSのAPIエコシステム構築、できるだけ短期間で実現するには?[PR]

≪前の記事
Slack、BotやSlackアプリなどのメッセージ表示をリッチ化する「Block Kit Builder」発表


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig