Java EEに代わる新名称の最終投票、Eclipse Foundationが実施中。「Jakarta EE」か「Enterprise Profile」か二者択一

2018年2月15日


昨年、Java EEはオラクルからEclipse Foundationに開発が移管されました。これからのJava EEはEclipse Foundationが主導して仕様を策定し、実装を行っていくことになります。

Eclipse FoundationはオラクルからのJava EEの移管にあたり、開発プロジェクトを「EE4J」(Eclipse Enterprise for Java)と呼ぶことにしました。そしてこのプロジェクトの成果物として登場する新しいJava EEの実装には、Java EEに代わる新し、現在はJava EEと呼ばれている仕様群に対する新しいブランド名が必要となります。

この新しいブランド名をどうするか、現在Eclipse Foundationがコミュニティに向けて最終投票を行っているところです

新しいブランド名に対する投票フォーム 新しいブランド名に対する投票フォーム

「Jakarta EE」か「Enterprise Profile」か、二者択一

新しいブランド名の選定にあたっては、「Java」という名称がオラクルの登録商標であるために「Java」で始まらないこと、またEclipse Foundationのトレードマークガイドラインに沿って、性的、人種差別的、あるいは問題を引き起こしそうな名称でなないこと、などの条件があります。

昨年11月15日から30日のあいだ、コミュニティに対して候補名の募集が行われ、多くの候補の中から最終候補として2つが選ばれました。

「Jakarta EE」と「Enterprise Profile」です。

Jakarta EEの「Jakarta」は、以前Apache Software Foundationが運営していたJava関連のプロジェクト名でした。このプロジェクトからAntやStruts、Tomcat、Luceneなど多くのソフトウェアが登場してきました。

今回候補の1つとなった「Jakarta EE」は、そのJakrtaにちなんだものだと思われます。

一方の「Enterprise Profile」は、Java EEが備えている「Profile」という概念の名称からきていると推察されます。よく知られたものに、マイクロサービスアーキテクチャ向けのプロファイル「Eclipse MicroProfile」などがあります。

「Enterprise Profile」は、エンタープライズ向けのフルセットを示す意味を見いだせそうです。

この2つの名称のどちらがいいのか、Eclipse Foundationは現在コミュニティに対して投票を呼びかけています

投票は2月23日まで。投票にはGoogleアカウントへのサインインが必要になります。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


≫次の記事
「Pivotal Container Service」正式リリース。Kubernetesなどコンテナ環境と仮想ネットワーク環境を、VMware、AWS、Azure、GCPなどに構築

≪前の記事
マルチクラウド採用の企業は81%、サーバレス採用の企業は12%から21%へ急増。RightScaleの調査2018年版


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig