AWS、ベアメタルサーバ「i3.metal」を正式サービスとして提供開始

2018年5月21日

Amazon Web Services(AWS)は、同社として初めてのベアメタルインスタンス「i3.metal」を正式サービスとして提供開始したと発表しました

ベアメタルインスタンスとは仮想化ハイパーバイザを使わず、物理サーバをそのままユーザーが利用できるサービス。同社が一般向けにベアメタルインスタンスを提供するのは初めてです。

仮想化ハイパーバイザを使わないため、仮想化によるオーバーヘッドのない高い性能やサーバのハードウェアに直接アクセスするようなアプリケーション、ユーザー自身によるさまざまな仮想化ハイパーバイザの利用、クラウドに対応しないようなソフトウェアライセンスへの対応など、さまざまな利用形態が可能になります。

i3.metalは72vCPU(36コア)を提供する2.3GHzのXeonプロセッサ、512GBメモリ、15.2TBのNVMe SSD、最大25GbpsのElastic Network Adapterなどを搭載する高性能を指向するインスタンスです。

ベアメタルを支える技術「Nitro System」、VMware Cloud on AWSも

i3.metalは2017年11月に米ラスベガスで開催されたAWS re:Inventで発表されました。

AWSベアメタルインスタンス i3.metal発表 fig1

i3.metalが実現できたのは、これまで物理サーバ内で処理されていたAmazon EC2を実現するためのネットワーク、ストレージ、管理などの処理を、専用のASICチップにオフロードする「Nitro System」が実現できたためと、このときに説明されました。

そしてこれはi3.metalの提供だけにとどまらず、VMwareとの協業によって実現した「VMware Cloud on AWS」もベアメタルインスタンスをベースにして実現されているとのことです。

AWSベアメタルインスタンス i3.metal発表 fig4
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本