国内パブリッククラウド市場、2022年には2017年の約3倍に。セキュリティに対する漠然とした不安は解消。IDC Japan

2018年10月12日


調査会社のIDC Japanは、国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表。2017年~2022年の年間平均成長率は22.9%で推移し、2022年の市場規模は2017年比2.8倍の1兆4655億円になるとしました

fig 国内パブリッククラウドサービス市場 売上額予測、2017年~2022年。Source: IDC Japan, 10/2018

調査対象となったのは、パブリッククラウドで提供されている「SaaS」「PaaS」「IaaS」です。

パブリッククラウドへのセキュリティの懸念は解消

国内IT市場では、「クラウドファースト」から「パブリッククラウドファースト」へと、パブリッククラウドサービスを重要視する企業が増加しており、この背景にはパブリッククラウドサービスの「セキュリティ」に対する漠然とした懸念が解消されるとともに、運用サービスを付加したマネージドパブリッククラウドサービスを提供するベンダーが増加したことがあげられています。

また、国内パブリッククラウドサービス市場の成長を支える重要な要因として、従来型ITからクラウドへの移行が堅調に進んでいることもあげられました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


≫次の記事
日本では「ブロックチェーン」は過度な期待、「DevOps」は幻滅期、「ビッグデータ」は陳腐化へ。ガートナーが「日本におけるテクノロジのハイプサイクル」2018年版発表

≪前の記事
サーバレスとPaaSの境界線はあいまいになっていくのではないか。サーバレスのこれからをAzure Functions開発者に聞いた


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig