2018年の国内ソフトウェア市場、前年比4.6%成長の見通し。パッケージソフトとPaaS、SaaS市場の合計。IDC Japan

2018年7月12日


調査会社のIDC Japanは、国内ソフトウェア市場の2017年の実績と2018年~2022年の予測を発表しました

同社は「ソフトウェア市場」としてパッケージソフトウェア、PaaS(Platform as a Service)、SaaS(Software as a Service)の売上額が含まれるとしています。

fig 2017年は実績値、2018年以降は予測 。Source: IDC Japan, 7/2018

同社によると、2017年の国内ソフトウェア市場は2兆8579億1400万円、前年比成長率が5.8%。

2018年は前年比成長率4.6%を見込んでおり、2017年~2022年の年間平均成長率は4.5%、2022年の市場規模は3兆5694億9900万円に達すると予測されています。

2017年のソフトウェア市場を牽引したのは?

2017年は、企業のビッグデータに対する取り組みが活性化し構造化データに加えて非構造化データの管理に対する需要が拡大したことで、データ管理ソフトウェア市場が高い成長となったとIDC Japanは説明。この成長は今後も継続し、2017年~2022年のCAGRを6.9%と同社は予測しています。

また、マーケティングアプリケーションの活用拡大とセールスアプリケーションの中堅中小企業への浸透によってCRMアプリケーションが二桁成長を達成。SaaS型のファイル同期/共有ソフトウェアやチームコラボレーティブアプリケーションなど場所やデバイスを問わずに業務を遂行することを支援するコラボレーティブアプリケーション市場も大きく伸びたとしています。

IDC Japan ソフトウェア&セキュリティ リサーチマネージャーである入谷光浩氏は、ソフトウェア市場の今後の見通しについて「企業はデジタルマーケティング、IoT、AI、ブロックチェーン、セキュリティなどデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現するためのサービスを顧客に提供していくために、データの活用をさらに拡大させていく。そこでは企業内外の様々なデータを収集し分析するためのデータプラットフォームの構築が不可欠であり、そのニーズの高まりがソフトウェア市場にとっての大きな成長要因にもなる」と述べています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


≫次の記事
仮想化ストレージのティントリが破産申請。NASDAQ上場からわずか1年

≪前の記事
Visual StudioやVSCodeからアプリケーションをワンクリックでKubernetes環境へ、「Azure Dev Spaces」がパブリックプレビューに


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig