GitHubがオープンソースに関する調査報告を公開。「ドキュメントは非常に重要だが見過ごされやすい」「ソフトウェア選択時のデフォルトはオープンソースに」など

2017年6月8日

GitHubは、同社と学術系の調査機関が共同で行ったオープンソースに関する調査結果「Open Source Survey」を発表しました。

fig

調査対象はGitHub.comで活動するユーザーからランダムに選択した5500人と、ほかのプラットフォームで活動するコミュニティから非ランダムに選択した500人。調査はアンケートによって行われました。

調査の結果得られた主な知見は、以下のようにまとめられています。

  • ドキュメントは非常に重要だがよく見過ごされやすい。コミュニティへのアクセスのしやすさや参加のしやすさにつながる役割を持つ。
  • アクティブなプロジェクト活動の結果においてネガティブなやりとりはめったにないが、目立つ。
  • オープンソースは世の中で広く使われているが、コントリビュータについてはまだその幅広い利用者を反映していない。
  • オープンソースの利用や貢献はしばしば仕事につながる。
  • ソフトウェア選択時にオープンソースはデフォルトになっている。

調査結果からいくつかのグラフを紹介しましょう。

オープンソースにおいて課題だとされるなかで、もっとも多かったのが「ドキュメントの不備もしくは分りにくさ」(incomplete or confusing documentation)で、それに続いて「無反応」「否定的な反応」などが挙げられています。

fig

企業などにおいてオープンソースを利用すること、オープンソースに依存した利用をすることはいずれも85%程度が許可されています。

オープンソースへの貢献については59%が許可されている一方、37%の回答者はその際の知財のポリシーが不明確だと答えています。

fig

オープンソースの価値はよりセキュリティに優れているとの回答が最も多く、次いで安定性、ユーザーエクスペリエンス、コンパチビリティとなっています。

fig
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本